ブログ

【初心者向け】スムーズに書けるブログ記事の書き方をご紹介

サムネイル:ブログ記事の書き方

この記事を読むのに必要な時間は約9分です。

こんにちは、サイです。

 

キツネくん
ブログを始めたけれど、ボリュームのある記事を書こうとするとなかなか上手くまとまらない。
ウサギくん
本文は書けるけれど、導入文やまとめが上手く書けない。

 

今回はそんな悩みを持つブログ初心者さんに向けて、「スムーズに書けるブログ記事の書き方」をご紹介します。

 

 

記事を書き始める前にやること

ブログ記事の出来は、記事を書き始める前に8割方決まるといっても過言ではありません。

 

なぜなら下準備なく行き当たりばったりで記事を書くと、ユーザー(読者)に届く記事を書くことは大変難しいからです。

 

記事を書く目的は、ユーザーに読んでもらうことですよね。

それならば記事を書く前にユーザーのニーズをしっかりリサーチし、それに応える形で記事を書かないとなかなか読んではもらえません。

 

また、なんの下準備もなく書き始めると、特にトータル何千字もある記事を書こうとすると、途中で記事全体の脈絡がおかしくなったり、記事を書く手が止まったりして余計な時間を食ってしまうことにもなります。

 

記事を書き始める前に下準備として次の3つをしっかり行うと、ユーザーのニーズに応えられる記事スムーズに書きあげられるようになります。

1:記事のキーワードを決める
2:競合サイトをチェックする
3:記事構成(タイトルと各見出し)を決める

 

 

1:記事のキーワードを決める

まずは記事のキーワードを決めます。
「キーワード=ユーザーのニーズ」なので、ここをあいまいにしたまま始めてしまうと、ユーザーに届かない自己満足な記事になりかねません。

 

記事のキーワードの決め方については、別途記事を書いていますので、そちらをご確認ください。

サムネ:ブログキーワードの選び方
ブログ記事のキーワードの選び方【ロングテールキーワードを狙おう!】

ブログはキーワード選びで9割決まるといっても過言ではなく、適切な選定ができるかどうかで雲泥の差が生まれます。
この記事では「ブログのキーワード選定」について、キーワード選定が必要な理由から、選び方や使い方まで解説していきます。

続きを見る

 

2:競合サイトをチェックする

キーワードを決めたら、そのキーワードで検索をかけて上位に表示される競合サイトをチェックしましょう。

 

検索上位に表示される競合サイトは、ユーザーのニーズの多くを満たしているからこそ上位に表示されます。
検索上位の5サイトは、最低でもチェックしてください。
ユーザーのニーズに答えるどういった「項目(見出し)」が書かれているかチェックして、使えそうな項目(見出し)は真似してしまいましょう。

 

なお、文章まるパクリは当然ながらアウトです。
著作権もアウトですし、何より部分的に文章をパクったりしても他人が書いた文章なので、自分が書く部分と矛盾したり、パクった文章に引きずられて筆が止まったりして良いことは全くありません。

あくまで参考にするのは、項目(=ユーザーのニーズ)だけです。

 

3:記事構成(タイトルと大見出し)を決める

記事のキーワードを決めて、競合サイトをチェックして記事に必要な項目を確認したら、それを記事構成に落とし込みます。

 

記事構成は例えば次のようにテンプレ化しておくと、毎回迷わずにつくることができます。

タイトルタイトル
導入導入文
記事本文大見出し1+本文1

大見出し2+本文2

大見出し3+本文3

大見出し4+本文4

まとめ大見出し(まとめ)+まとめ文

 

最初にこの内の、タイトル大見出しを決めていきます。

 

記事構成1:まずはタイトルを決める

まずはざっくりとでいいので、タイトルを決めましょう。
最終的な決定は、記事を書き終えてからおこなえば大丈夫です。

 

ただ、ざっくりタイトルを決める際にも次の3点は意識してください。

・タイトルが記事の内容を最も端的に表すものであること
・タイトルにはキーワードをすべて含めること
・タイトルは30文字以内におさめること

 

タイトルが記事の内容を最も端的に表すものであること
記事タイトルは、その記事の内容をもっとも端的に表すものです。
記事本文とかみ合わない的外れなタイトルにならないように注意しましょう。

 

タイトルにはキーワードをすべて含めること
記事タイトルには、先に決めたキーワードを必ず含めましょう。
これはユーザーのニーズに合致していることを、ユーザーだけでなく検索エンジンにも分かるようにするためです。

 

タイトルは30文字以内におさめること
タイトルが長すぎるのは、あまり望ましくありません。

なぜならグーグルで検索結果に表示されるタイトル文字数は決まっているからです。

 

パソコンの場合は30文字程度、スマホの場合は24文字程度までしか表示されず、オーバーすると「…」と省略表示にされてしまいます。
ついつい記事の内容を説明しようとすると、タイトルが長くなりがちですが、端的に30文字以内で表現しましょう。

 

 

記事構成2:タイトルを説明するための要点(=大見出し)を並べる

タイトル=記事の内容を最も端的に表すものです。
それを説明するための要点=大見出しを書き並べていきます。

 

大見出し作成の際は、次の2点を意識してください。

・競合サイトをチェックした際に確認した項目(見出し)を参考にすること

・キーワードをなるべく含めること

 

 

競合サイトをチェックした際に確認した項目(見出し)を参考にすること
先ほどもお話したとおり、検索上位にあがる競合サイトは、ユーザーのニーズの多くを満たしています。

そこで確認した項目(見出し)を自身の記事でも参考にしましょう。

その際ユーザーのニーズにできる限り漏れなく応えられるように、見出しを書き並べることを意識しましょう。

 

キーワードをなるべく含めること

タイトルだけでなく大見出しにも、キーワードを入れ込みましょう。

ただし大見出しの場合は、キーワードをすべて含んでしまうと構成が崩れてしまいかねないので、できる限りでOKです。

 

 

記事を書く

記事構成(タイトルと大見出し)ができたら、今度は記事本文、導入文、まとめ文を書いていきます。

その際に次のように手順を決めて機械的に埋めていくと、スムーズに書きあがります。

1:大見出しごとに本文を埋めていく

2:文章を見直して修正する

3:導入文・まとめ文を書く。内容はテンプレ化してしまおう

 

1:大見出しごとに本文を埋めていく

大見出しができたらその見出しごとに文章を埋めていきます。
まずはあまり考えずにどんどん文章を書いていきましょう。

 

2:文章を見直して修正する

一通り文章が埋まったら、全体を見直して修正していきます。
次の点を意識して見直しましょう。

・誤字脱字がないか

・「てにをは」が間違っていないか

・主語が抜けていないか

・文章に矛盾はないか

・大見出しごとのつながりがおかしくなっていないか

・文章の脈絡がおかしくなっていないか

・まわりくどい表現になっていないか

 

3:導入文・まとめ文を書く。内容はテンプレ化してしまおう

キツネくん
本文を書くのは得意だけど、導入文やまとめが上手く書けない…

こういうタイプの人も意外と多くいるのではないでしょうか。

 

しかし導入文は、ユーザーが最初に読んで本文を読み進めるか判断する大変重要な要素で、手を抜くわけにはいきません。

また、まとめ文についても手を抜いてしまうと、いくら本文が良くても中途半端な記事になりますので、本文をたくさん書いたあとでシンドイかもしれませんが、最後まで書ききりましょう。

 

導入文・まとめ文は、書く内容を次のようにテンプレ化して決めておくと、次第に書き慣れてスムーズに書けるようになります。

導入文で伝えたいことのテンプレ

・読者の悩みを代弁する

・悩みに対する解決策が記事に書かれていることを伝える

まとめ文で伝えたいことのテンプレ

・記事の要点を再度伝える

・ユーザーにもっとも伝えたい提言を示す

・ユーザーに実行を促す

 

 

画像を記事に挿入する

文章が書きあがったら、ユーザーにより分かりやすく記事の内容を伝えるために、図やグラフ、挿絵、写真などの画像を適宜挿入していきます。

 

ブログに使えるフリーの画像素材の入手先や画像の編集ツールについては、次の記事を参考にしてください。

ブログアフィリエイトのためのオススメツールをご紹介します

この記事を読むのに必要な時間は約8分です。 こんにちは、サイです。   [chat face="icon-rabbit.jpg" name="ウサギくん" align="left" bord ...

続きを見る

 

また画像は、本文と同じく検索エンジンのクローラーからチェックされる要素の一つで、SEOの観点からも手は抜けません。
面倒かもしれませんが、画像タイトルなどはちゃんと付けましょう。
画像タイトルの付け方、画像情報の代替テキストの書き方などについては、次の記事をご覧ください。

サムネイル:アクセスアップのためのSEO対策
ブログのアクセスアップをはかるSEO対策を学ぼう!

この記事を読むのに必要な時間は約12分です。 キツネくんブログを立ち上げたけれど、全然アクセスが伸びず収益も増えない。 どうやったら伸びるかもよくわからない… 適切なSEO対策をおこなうことで、アクセ ...

続きを見る

 

 

記事全体を校正する

ここまでで、ほぼ記事が出来上がりました。

最後に記事全体を見直したら完成です。

 

タイトルを見直す

本文が全部書きあがったら、タイトルを見直します。
最後まで書きあがると、意外と最初のイメージとずれていて、結果的に最初に決めたタイトルと噛み合わなくなることがよくあります。

先に示した3つのポイントを再度意識しながら、修正が必要なら直しましょう。

 

本文を校正する

エディター画面ではなく、プレビュー画面に映して本文を校正します。
再度本文中に誤字脱字がないかなどをチェックするのと併せて、行間、文字の装飾・サイズなど読みやすい記事になるように仕上げていきます。

 

投稿前にパーマリンクを修正する

パーマリンクとは、WEBページ(ブログ記事)ごとに設定した固有のURLのことです。

 

パーマリンクもSEOの観点から重要な要素の一つです。

いい加減な状態で記事をアップしないように気を付けましょう。

 

詳しくは下記の記事をご覧ください。

ブログのパーマリンクとは?SEOのための最適な書き方は?

この記事を読むのに必要な時間は約6分です。 こんにちは、サイです。   [chat face="icon-rabbit.jpg" name="ウサギくん" align="left" bord ...

続きを見る

 

 

ブログ記事の書き方まとめ

1:記事を書き始める前にやること

・キーワードを決める

・競合サイトをチェック

・記事構成(タイトルと大見出し)を決める

2:記事を書く 

・大見出しごとにガンガン記事本文を埋めていく

・記事本文を見直して修正する

・導入文・まとめ文を書く

3:記事内容が伝わりやすくなるように画像を挿入する

4:記事全体を校正する

・タイトルを見直す

・本文を校正する

・投稿前にパーマリンクを修正する

今回は、スムーズに書ける記事の書き方をご紹介しました。

 

ブログは、ブログ全体の情報ボリュームが一つの重要な要素です。

ブログ記事一つ一つのクオリティや信頼性ももちろん大事ですが、情報量が少ないと他の競合サイトに太刀打ちできません。

記事の書き方はできる限りシステマティックにして、どんどん記事を量産していきましょう。

 

今回は以上です。

-ブログ
-

© 2021 サイブログ Powered by AFFINGER5