ブログ

ブログはメリットがたくさん!ブログのメリット・デメリットをご紹介

サムネイル:ブログのメリット・デメリット

この記事を読むのに必要な時間は約7分です。

こんにちは、サイです。

 

キツネくん
ブログをやってみたいけれど、どんなメリットがあるの?
ウサギくん
ブログって、自分にもできるのかな?

 

今回はそんな疑問を持つ人に向けて、「ブログのメリット・デメリット」をご紹介します。

 

ブログのメリット

まずブログには、次のようなメリットがあります。

1:特別な能力なしで誰でもできる

2:少ないコストで始められる

3:時間・場所・人の縛られない

4:自分の経験や好きなことに価値が生まれる

5:一度つくれば継続して利益を得られる

6:ブログで身についたスキルを売ることができる

 

1:特別な能力なしで誰でもできる

ブログを書くには特別な能力はいりません、未経験者OKです。

 

文才も不要です。

多くの場合ブログを見にくる読者は、自分の知りたい情報・自分の悩みや問題を解決する情報を探し求めてやってきます。

ブログで重要なのは、読者の求める情報がそこに書かれているかどうかです。

おもしろい話や感動する話は必要ないので、人並に文章がかければOKです。

 

強いてブログに必要な能力をあげるとすれば「ブログを継続する根性」くらいでしょうか。

 

記事数が少ないブログってあまり読む気がしませんよね。

読者のニーズに応えるためには、ある程度の記事数が不可欠です。

第三者に記事作成を発注するという裏技もありますが、多くの人は自分で記事を充実させていくことになるので、記事数が増えてきて読者がつくまで継続させるのはそれなりに根性がいります。

 

まあでも、その根性さえあれば大丈夫です。

 

 

2:コストが少なくて始められる

ブログはコストが少なくてできる副業の一つです。

 

例えば副業で物販を行うには、仕入れ費用、販売手数料、送料などの経費が重くのしかかります。

うまく販売できなければ、赤字になることもあり得ます。

 

一方でブログの場合は有料ブログを使う場合でも、イニシャルコスト3万円程度年間維持コスト1万円程度で可能です。

はてなブログ、ライブドアブログといった無料ブログサービスを使うなら、もちろんタダででも出来ます。

 

なお、真面目に「ブログで稼ぎたい!」という人には、コストはかかりますが有料ブログを使うことを断然おすすめします。

有料ブログと無料ブログの違い等は次の記事にまとめているので、興味のある人はこちらも見てみてください。

有料ブログと無料ブログの違いは?目的に合わせて選ぼう!

この記事を読むのに必要な時間は約7分です。 こんにちは、サイです。   キツネくん副業ブログを始めたいけれど、有料ブログと無料ブログどちらを使った方がいいんだろう?   今回はそん ...

続きを見る

 

 

3:時間・場所・人の縛られない

ブログは、パソコンとネット環境さえあれば、いつでもどこでも書けます。

また、当然ながら1人でつくれますので、誰かと協力しなければつくれないということもありません。

 

 

4:自分の経験や好きなことに価値が生まれる

ブログは、自分自身の経験や好きなことをユーザーに伝えることで価値が生まれます。

 

例えば、私のブログのメインテーマは「うつ病」「フリーランス」「投資」の3つです。

 

うつ病」は、私自身が経験したことです。
私自身「うつ病」で苦しんでいた時に、他のうつ病の人はどうやってこの病気に立ち向かっているのか知りたくて、よくネットで個人ブログを探したりしていました。
今度は私も同じように発信する側になることで、過去の私と同じようにうつ病に苦しんでいる人に経験やうつ病をとおして学んだことを伝えることができ、その情報が価値になります。

 

フリーランス」「投資」は、現在私が取り組んでいることであり、好きなことでもあります。
これからそれらをやってみたい人、もしくは過去の私と同じように「うつ病を理由に会社を辞めてフリーランスに挑戦してみたい人」に、私の経験や知識を伝えることで価値が生まれます。

 

5:一度つくれば継続して利益を得られる

ブログはアクセス数が伸びてユーザーの目にたくさん触れるようになれば、継続して利益を得られるようになります。

 

ブログを書くことは労働ですが、一度書いて利益が出るようになれば24時間365日、寝ていても利益を得られます。

 

6:ブログで身についたスキルを売ることができる

ブログは次の2つのことから、別の副業にもつながります。

 

ウェブマーケティングなどの知識やスキルが身につく
ブログで利益を上げるには、ウェブマーケティング・SEOに関する知識、記事のライティングスキル、ワードプレスなどのツールを扱うスキルが必要です。
闇雲に書いているだけでは利益は上げられないので、ブログを日々書きながら学ぶことで、次第にそれらが身につきます。

 

ポートフォリオ(実績)の一つになる
ポートフォリオとは、クリエイターが実績をアピールするための作品集を意味します。
ブログをしっかり作り込めば、ブログが実績の一つとして他者から見た時の評価につながります。

 

ウェブマーケティングなどの知識・スキルが身につき、ブログという形ある実績をつくることができれば、それらを自分の売りとして、クラウドソーシングなどを通じてウェブライティングなどの仕事を受注することも十分に可能です。

 

 

ブログのデメリット

多くのメリットがある一方で、ブログには次の2つのデメリットもあります。

1:利益を得られるまでに時間と労力がかかる

2:有料ブログをつかえばコストがかかる

 

1:利益を得られるまでに時間と労力がかかる

ブログは、利益を得られるまでにそれなりの時間を要します。

「書き始めて1か月で簡単に利益を上げられる」なんて、生やさしいものでは決してありません。

 

はじめて数か月はどれだけ時間を要して一生懸命書いても、簡単にはアクセスが伸びません。

コンテンツが充実するまではグーグルなどの検索エンジンにユーザーに薦める価値があるとなかなか認められず、検索結果上位に表示されないからです。

 

また記事をたくさん書こうにも、はじめは一つの記事を仕上げるだけでも一苦労です。

ブログ作成ツールの使い方を覚えて、何千字も文字を書いて、記事に合った画像を編集して…

最初は、一記事つくりあげるだけでも数日を要することもあります。

 

しかし継続して続けられれば、効率よく記事を書きあげられるようになりますし、コンテンツが充実すればアクセスも伸びて利益も増えていきます。

また、アクセスが伸びてくるようになれば、ブログをつくること自体を楽しめるようになってきます。

 

ブログはとにかく、最初の何の成果もあげられないまま、ただただブログを書き続けるだけの時間をどれだけ耐えられるかが勝負です。

 

 

2:有料ブログをつかえばコストがかかる

メリットの部分でも少し話しましたが、ブログには無料ブログと有料ブログがあります。

くり返しになりますがブログで利益をあげようとするならば、有料ブログの方が断然オススメです。

しかし、有料ブログをつかえば当然コストがかかってきます。

 

かかるコストは作成時のコストが3万円程度年間維持コストが1万円程度です。

なお、コストの細かい内訳が気になる方は、次の記事の「3 有料ブログのコスト」をご覧ください。

サムネイル:WordPressブログのつくり方
有料ブログ(WordPressブログ)のつくり方

この記事を読むのに必要な時間は約17分です。 こんにちは、サイです。   キツネくんWordPressでブログを始めてみたいけれど、つくり方が難しそうでよくわからない…   今回は ...

続きを見る

 

副業の中ではブログはコストがかからない部類に入りますが、それでも多少はかかりますし、一番最悪なパターンは有料ブログで始めたものの途中であきらめて、コストだけ払ってリターンを回収できない場合です。

 

キツネくん
じゃあ無料ブログで、ノーリスクでやればいいじゃん!

このように思う人もいるかもしれませんが、無料ブログの性能で読者に「お金を使って商品を買いたい!」と思ってもらえるようなクオリティをつくりだすのはかなり難易度が高いです。

(有料ブログと無料ブログの性能の違いについては、こちらの記事を見てください。)

 

有料ブログを使ってコストと時間をかけながら、読者のニーズを満たすブログを作り上げる

⇒ブログをつくり込んで、最終的にはかかったコスト以上の利益を回収する

私はこの流れが最良だと考えています。

 

 

ブログのメリット・デメリットまとめ

ブログはそこまで高くないコストで、パソコンとネット環境さえあれば誰でもできる、リスクの少ないビジネスです。

しかし、簡単に儲かるかというとそうではなく、充実したコンテンツを作り上げなければユーザーに見てもらえず、利益も上げられません。

 

そのためには決して少なくないブログ作成時間が必要です。

結局のところ、「ブログはどれだけ時間と労力をつぎ込んで継続できるか」の勝負です。

継続さえできれば、利益もあげらるようになるのでコストも回収できるので、リスクはほとんどなくメリットばかりです。

 

なお、途中で挫折してしまったとしても、有料ブログのコスト数万円とそれまでかけた時間がムダになるだけで、借金を抱えるわけでもだれかに迷惑をかけるわけでもありません。

コスト分を許容できれば大した痛手にはなりません。

 

以上、ブログに興味がある人はぜひチャレンジしてみることをおすすめします!

-ブログ
-

© 2021 サイブログ Powered by AFFINGER5