ブログ

ブログのリライトのコツをご紹介。記事を書いたら必ずリライトしよう

サムネイル:ブログリライトのコツ

この記事を読むのに必要な時間は約5分です。

こんにちは、サイです。

 

キツネくん
ブログの「リライト」ってなに?校正と何が違うの?
ウサギくん
]リライトってそもそも何をどうすればいいの?

ブログをやって、特にブログを収益を出すことを目指す場合、リライトは必須事項です。

でも、いまいちどうリライトしたらよくなるのか分からないという人も多くいると思います。

 

そこで今回はブログのリライトについて、次の3つをお話します。

・ブログのリライトとは?

・リライトの目的

・リライトのコツ

 

 

ブログのリライトとは?

ブログのリライトとは、記事の大筋は変更せずに、よりよいコンテンツになるように記事を編集することです。

誤字脱字や文法などを直す校正とは意味合いが違います。
(当然、校正も必要なことですが。)

 

 

リライトの目的

ブログのリライトには次の目的があります。

・検索エンジンの評価を上げる

・記事のクオリティを上げる

・最新の情報に更新する

 

検索エンジンの評価を上げる

リライトの一番の目的は、検索エンジンの評価を上げて、検索上位を狙える記事にすることです。

 

リライトして記事を更新すると、クローラーに再チェックされて検索エンジンに再評価されます。

一概にリライトすると評価が上昇するとは言えません、むしろリライトによってより低評価を受けたり、評価が変わらなかったりすることもあります。

しかし現状の記事の問題点を適切に抽出して、よりユーザーのニーズに応える記事にリライトできれば、よりよい評価を得られて検索順位が上昇する可能性があります。

 

 

記事のクオリティを上げる

実のところ1回の投稿で100点満点の記事をつくることは、必要な情報を網羅しきれなかったり説明が分かりづらかったりと、とても難しいです。

もちろん、初回記事アップ時にしっかりと作り込むと思いますが、それでも時間が経って読み返すと不十分なところに気づくということが多々あります。

 

しかし、不十分なところに気づいたらリライトすればいいのです。
最初はイマイチでも、後から何度でもリライトしてクオリティを上げられるのが、ブログのいいところの一つです。

 

 

最新の情報に更新する

記事は一度投稿すれば、ブログを継続する限り残り続けます。

しかし時間が経つとどうしても、記事の内容・添付画像・リンク先の情報などが現状にそぐわなくなってきます。

リライトして、それらを最新の情報にアップデートします。

 

 

リライトのコツ

リライトのコツは、次の6つです。

1:掲載順位の低いものからリライトしていく
2:情報の不足をチェックする
3:著作権違反がないかチェックする
4:分かりにくい文章構成・言い回しがないかチェックする
5:情報を最新のものに更新する
6:検索結果に表示される日付が更新されるように設定する

 

1:掲載順位の低いものからリライトしていく

すでに検索エンジンから評価されて掲載順位の高いものは後回しでOKです。

掲載順位の低いものから優先的にリライトしていきましょう。

 

掲載順位のチェックには、グーグルサーチコンソールを使います。

なお、「グーグルサーチコンソールって何??」という人は先にこちらの記事を見てください。

 

検索順位のチェック方法

1:グーグルサーチコンソールにログイン

2:サイドバーの「検索パフォーマンス」を選択

グーグルサーチコンソール:サイドバー

3:「平均掲載順位」にチェックを入れて「ページ」を選択

グーグルサーチコンソール:平均掲載順位を選択

グーグルサーチコンソール:「ページ」を選択

以上で記事(ページ)ごとの掲載順位が表示されます。

 

 

2:情報の不足をチェックする

検索順位が上がらない要因の一つとして、情報不足でユーザーのニーズに十分に応える記事になっていないことがあります。
次のチェックをおこなって、不足があれば加筆しましょう。

・同じキーワードで記事を書いている検索上位競合サイトをチェックする
・検索上位サイトの項目を元に、必要な情報が網羅されているかを確認する
・情報を補填する関連リンク(内部リンク・外部リンクとも)が足りているかチェックする

 

内部リンクについては、記事初投稿時はなくてもリライト時には紹介できる関連記事が増えているかもしれません。

内部リンクは、ユーザーのニーズにより応えるためだけでなく、次のような効果もあります。

・ユーザーのブログ滞在時間を伸ばす

・記事のPV数を増やす

リライト対象記事以外もしっかり把握しておいて、記事同士をつないでいきましょう。

 

3:著作権違反がないかチェックする

検索順位が上がらない要因の一つとして、著作権違反もあります。

 

文章・画像に対する引用タグの使い忘れにより、ちゃんと引用したつもりでも検索エンジンにそのように読み取ってもらえていない場合も考えられるので、ミスがないかチェックしましょう。

 

4:分かりにくい文章構成・言い回しがないかチェックする

ユーザーに伝わりにくい文章構成・言い回しがないかチェックしましょう。
初投稿時はちゃんと書けていると感じていても、時間が経って読み返してみると分かりにくい表現や矛盾した表現に気づくことがあります。

 

5:情報を最新のものに更新する

外部リンク、添付画像、引用文、引用元などなど。
情報が古くなっているものがないか一通りチェックし、古い情報があれば最新のものに更新しましょう。

 

なおリンク切れについては、プラグイン「Broken Link Checker」を使うと自動的にチェックできます。

 

 

6:検索結果に表示される日付が更新されるように設定する

たとえば5年前に投稿した記事と、5年前に投稿されたけれど随時情報が更新されてきた記事、どちらを読みたくなりますか?
読みたくなるのは後者ですよね。

 

更新したら更新日が検索結果に表示されて、最新の状態だとユーザーにわかるように設定しましょう。

 

方法は次の2つがあります。

・公開日時を更新時に書き換える
・記事の投稿日時設定を「更新日のみ」に設定する

 

 

まとめ

新しい記事を投稿するのと同じくらい、リライトもブログ運営において必要な作業です。

 

「記事を新しく作るのも大変なのに、リライトまでやってられないよ…」と思う人もいるかもしれませんが、それではなかなか検索順位は向上しません。

 

なにより、ブログはユーザーファーストです。
リライトして、ユーザーのニーズに応えるよりよい記事を目指しましょう。

 

それでは、今回は以上です。

-ブログ
-

© 2021 サイブログ Powered by AFFINGER5