投資全般 FX

あなたは「分散投資」派?「集中投資」派?

サムネイル:分散投資と集中投資

この記事を読むのに必要な時間は約7分です。

キツネくん
投資を始めようと思ってるけど、

・NISAやiDeCoを使った「分散投資」

・株やFXを使った「集中投資」

どっちがいいんだろう?

自身の状況や目的から、適している方を選びましょう!
サイ

 

こんにちは、サイ(@saiblog1234)です。

 

投資をやってみようと思っている人、もしくはすでに投資をやっている人であっても「分散投資と集中投資どちらがいいのかよく分からない」という人はいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、「分散投資」と「集中投資」について、

・そもそも分散投資と集中投資とは?

・分散投資と集中投資のメリット・デメリット

・分散投資と集中投資どちらがいいのか?

をお話します。

 

そもそも分散投資・集中投資とは?

分散投資とは?

投資資金を分散させて複数の投資商品や銘柄に投資することをいいます。

一つのものにしぼって投資すると運用がうまくいかなかったときに大きな損失を被るので、リスクを抑える目的で投資資金を分散します。

 

分散投資のメリット・デメリット

分散投資のメリット

・投資リスクを下げられる

・難易度が低い

・成長が見込める銘柄に対して、長期的に積み立てていけば失敗しにくい

・投資に時間をとられない

 

分散投資のメリットは何といっても、投資リスクを下げられることです。

また、銘柄選びや投資技術などそこまでシビアに求められないので、比較的難易度が低いです。

 

 

分散投資のデメリット

・高い利回りは狙いにくい

 

複数の銘柄に分散させるということは、その中には不調な銘柄が含まれる場合もあり、その分は利回りが落ちます。

勝ちやすい銘柄に狙いを絞ってリスクをかけられる集中投資と比べれば、好調時の利回りはどうしても劣ります。

 

 

集中投資とは?

複数の対象に分散せずに、特定の投資商品や銘柄に集中的に投資することをいいます。

特定の商品の値動きに運用成績が左右されるので、上手くいけばリターンは大きいですし、逆に上手くいかなればダイレクトに損失を被ります。

 

集中投資のメリット・デメリット

集中投資のメリット

・高い利回りを狙える

・リスクコントロールがしやすい

 

集中投資では勝ちやすい銘柄を選んで、集中して資金を投入できるので、高い利回りを狙いやすいです。

 

また、集中投資はハイリスクハイリターンだと言う人もいますが、正しくはリスクリターンの自由度が高く、ハイリスクハイリターンにもできる投資方法です。

 

集中投資では、リスクをかけられるからといって「絶対に高いリスクをかけなければならない」というワケでもありません。

あまりリスクリターンを下げ過ぎると、分散投資と比べて難易度の高い集中投資をわざわざやる意味がなくなりますが、仕組み上はリスクリターンを分散投資に寄せていくことも可能です。

 

この点については、次の記事でもう少し掘り下げているので、興味のある方は見てみてください。

サムネイル:FXはハイリスクハイリターンのウソ
「FXはハイリスクハイリターン」は大ウソです!

よく本やブログで「FXはハイリスクハイリターン」と書かれていますが、あれらは大ウソです。
では実際のところの「FXのリスクリターンはどうなっているのか」ということを、他の投資商品とも比較しながら、分かりやすく解説します。

続きを見る

 

集中投資のデメリット

・難易度が高い

・ハイリスクハイリターンを狙いすぎると自滅する

・やり方次第では、投資に長時間拘束されてしまう

 

分散投資と比べて集中投資の方が、銘柄選び・ロット管理・取引手法の確立など、圧倒的に難易度が高いです。

 

そのため集中投資で利益を出すには、「集中投資で収益を上げられる技術を有していること」がそもそもの大前提としてあります。


また、リスクコントロールをしやすいことをメリットに挙げましたが、リスクコントロールを自由にできるということは、ハイリターン狙いでリスクを上げ過ぎて自滅する人もいるということです。

 

集中投資で失敗する人は、ほぼ次の2通りです。

・そもそも集中投資で収益を上げる技術がない

・リスクの取りすぎ

 

じゃあ技術の未熟な投資初心者は、集中投資をやっちゃいけないのか?と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。

 

投資は学校で習ったりしないので、多くの人が右も左も分からない状態から投資をスタートしますし、当然簡単には勝てません。

集中投資では、ちゃんとコンスタントに勝てる技術を身につけるまで

・ごく小ロットでリスクを抑えて資金を守る

・デモトレードでそもそも資金をリスクにさらさない

といった方法をとる必要があります。

 

 

分散投資と集中投資、どちらがいいのか?

分散投資と集中投資は上に示した通り、それぞれメリットデメリットがあるので、どちらが優れている、どちらが正解といったことはありません。

次のようなことを検討しながら、自身にあった方法を選ぶ必要があります。

自身の投資目的

・老後資金のために投資する

・10年後使えるお金のために投資する

・1年後使えるお金のために投資する

・生活費のプラスになる副業として投資する

・専業トレーダーになるために投資する

どんな風にお金を増やしたいか

・年利1%目標 リスク低

・年利5% 〃

・年利10% 〃

・年利50% 〃

・年利100% 〃 リスク高

 

ただザックリ振り分けるとすると、

・老後資金のためにリスクを抑えて、コツコツ資産運用したい人 ⇒ 分散投資がオススメ

・生活費の足しにしたい人や、投資益のみでの生活を目指す人 ⇒ 集中投資がオススメ

です。

 

 

実例)なぜ私がFXを選んだのか?

ちなみに私は現在、FX(裁量トレード・デイトレ)のみをしていて、分散投資はまったくしていません。

その理由は、

・生活費のプラスになるように投資をしているから

・月利2~5%(年利27~80%)を目標としているから

・FXでコンスタントに利益を出せるノウハウを身につけているから

です。

 

現状私はフリーランスなので、FXによる収益も生活費のアテにしています。

また、投資に充てられる資金が数千万円あったりするわけでもありません。

例えば原資が5000万円あれば、分散投資でリスクを抑えて月利1%を稼ぐだけでも毎月50万円になりますが、そこまでの大金は現状持ち合わせていないので、FX(裁量トレード・デイトレ)でいくらかのリスクを取っています。

 

なお、集中投資の対象としては、FX・株・先物・仮想通貨などの選択肢があります。

 

その中でも私がFXを選んだのは、当然ながらFXをやることに優位性があると感じたからです。

FXの優位性については次の記事について別途まとめているので、興味がある方はぜひこちらも見てみてください。

サムネイル:FX・株・仮想通貨の違い
FX・株・仮想通貨の違いって何?始めるならどれがいい?

この記事を読むのに必要な時間は約10分です。 こんにちは、サイです。   キツネくんFX、株、仮想通貨。投資をやってみたいけれど、どれをやったらいいのかわからない… それぞれに長所・短所があ ...

続きを見る

 

 

まとめ

分散投資

⇒投資リスクを下げられるのが大きな特徴。

⇒ただしその分、高い利回りを狙うのは難しい。

集中投資

⇒リスクリターンをコントロールしやすく、高い利回りも狙いやすい。

⇒コンスタントに利益を上げる技術を身につけることが必須、分散投資よりも難易度が高い。

 

くり返しますが、分散投資と集中投資、どちらが良い悪いはありません。

それぞれの特徴を理解し、自身の目的や状況に合わせて、自分に合った方を選びましょう。

 

それでは今回は以上です。

-投資全般, FX
-,

© 2021 サイブログ Powered by AFFINGER5