投資全般 FX

【FX】バイナリーオプションだけはやめておけ…はっきり言って無理ゲーです

サムネイル:バイナリーオプションはやめておけ

この記事を読むのに必要な時間は約13分です。

キツネくん
FXやってるけど、なかなか勝てない…

バイナリーオプションだったら、“簡単に”“すぐに”稼げるって聞いたんだけどホント??

バイナリーオプションだけはやめといた方がいいですよ…

一応、投資方法のひとつだとされていますが、その性質はかなりギャンブルに近いです。

ギャンブルでは、継続して稼げません。

サイ

 

こんにちは、サイ(@saiblog1234)です。

 

FXに興味がある人、もしくはすでにFXをやっているけれど勝てていない人の中には、「バイナリーオプション」にも関心がある人もいると思います。

 

でも、バイナリーオプションはハッキリ言って無理ゲー

ほぼギャンブルです。

 

ではなぜ無理ゲーと言えるのか?

この記事では「バイナリーオプションの仕組み」から「なぜ無理ゲーなのかその理由」まで、順を追って解説していきます。

 

 

バイナリーオプションとは?バイナリーオプションの仕組み

バイナリーオプションとは、為替相場を利用したオプション取引です。

オプション取引とは

まず「オプション」とは、ある原資産について、あらかじめ決められた将来の一定の日又は期間において、一定のレート又は価格で取引する権利のことです。

オプション取引とは、そのオプション=権利を売買する取引のことです。

 

キツネくん
権利を売買するってどういうこと?

なかなかイメージ湧かないですよね。

とりあえず、オプション取引は「権利の売買」とだけ覚えてもらって、具体的な仕組みはこれから説明します。


バイナリーオプションには、

・国内の証券会社が運営する「国内バイナリーオプション」

・海外の証券会社や金融業者が運営する「海外バイナリーオプション」

があり、それぞれ法体系が違うために、取引の仕組みもかなり違います。

 

なお今回は、「海外バイナリ―オプション」であり、日本でも現在最もメジャーな「HighLow」を基準にお話します。

なぜ国内バイナリーオプションを題材として扱わないのかは、後ほど話します。

 

「HighLow」公式サイトはこちら

 

海外バイナリーオプション「HighLow」の仕組み

HighLow」は、セントビンセント及びグレナディーン諸島にある「HLMI LLC」が提供しているバイナリーオプションの商品です。

 

その仕組みは超簡単です。

自分が選んだ時間、例えば1分後に現在レートから上がっているか下がっているかを予想する。

ただそれだけです。

予想が当たれば、指定のペイアウト率(還元率)に応じて利益が得られますし、外れれば投入した掛け金分がゼロになります。

 

ちなみに日本のバイナリーオプションは?

日本でもGMOクリック証券YJFX!などが、バイナリーオプションを商品のひとつとして取り扱っています。

 

日本の場合は海外と比べて、ギャンブル性を落とす(?)規制がしてあります。

そのため海外とは、かなり仕組みが違っていてやや複雑になっています。

 

ただ個人的には、この規制が曲者だと思っていて、

・なんだか色々と規制をかけて仕組みを変えているけれど、ただ煩雑になっただけ

・規制によって、ギャンブル性が下がったとは思えない

「投入した資金は負ければゼロになる」という部分は、まったく同じだから

・海外バイナリーオプションのような分かりやすい仕組みでもない

・通常のFXほどの自由度もない

このような、なんとも中途半端な有様になっているように感じます。

 

半端過ぎて、いまいち国内バイナリーオプションを選ぶメリットがよくわかりません。

実際のところバイナリーオプションを選ぶ人の多くは、海外のものを使っています。

 

以上のことから、今回は国内バイナリーオプションを題材として取り上げません。

 

 

一般的に海外バイナリーオプションのメリットだと言われるもの

海外バイナリーオプションのメリットと言われるのは、次の4つです。

海外バイナリーオプションのメリット4つ

・仕組みがものすごくシンプル

・負けたときの損失額がはじめからわかる

・自分が決めた時間以内にかならず結果が出る

・ボラティリティが低くても利益が出る

 

仕組みがものすごくシンプル

仕組みは先ほどもお話したとおり。

自分が選んだ時間、例えば1分後に現在レートから上がっているか下がっているか予想するだけ。

予想が当たれば勝ち、外れれば負けです。

 

予想が当たるかどうかは別として、仕組み自体は子供でも理解できるほど簡単です。

やるだけなら誰でもできます。

 

負けたときの損失額がはじめから分かる

バイナリーオプションでは、負けた場合の損失額が投資した段階でわかっています。

そのため、損失のコントロールがしやすいです。

 

海外バイナリーオプションでは、お金を払うことで「上がるか下がるかを予想する権利」を買います。

権利とは「上がるか下がるかを当てるチケット」を買うようなものだと思ってください。

 

例えば米ドル/円で取引する場合も、円で買うのは米ドルではなく、あくまで予想するチケットです。

1,000円を使ってチケットを買って、

・予想が当たれば、ペイアウト率(還元率)に応じて払い戻し

(ペイアウト率が1.8倍なら、1,800円払い戻し)

・予想が外れれば、1,000円で買ったチケットはゴミクズになるのでゼロ

 

このように、チケットを買った時点で、

・当たった時の利益(+1,800円)

・外れたときの損失(-1,000円)

がはっきりわかっています。

 

そのため、損失のコントロールがしやすいです。


一方で通常のFXの場合は、損失(含み損)に流動性があります。

 

例えば米ドル/円で取引する場合で、円でドルを買ったとします。

ドルを買ったあとにドルの価値が下がると、下がれば下がるほど損失(含み損)は増えていきます。

 

もちろん、ストップロスのレート(ここまで下がったら決済して損失を確定させるというレート)を事前に決めるなど、ある程度は損失をコントロールする方法もあります。

ですが基本的には、最初にエントリーした時点で損失額がどうなるか明確に知ることはできません。

 

自分が決めた時間以内にかならず結果が出る

海外バイナリーオプションの「HighLow」では、上か下かを当てるタイミングを、

・30秒後 ・1分後 ・3分後 ・5分後

・15分後 ・1時間後 ・1日後

これらの中から自分で選びます。

例えば1分を選んで1,000円分投入した場合、わずか1分後に1,900円(1.9倍)になるか1,000円が溶けるかが確定します。

 

このように比較的短時間で決着がつくので、ボラティリティ(値動きの大きさ)次第で長期間ポジションを拘束されることもあるFXと比べると、はるかに高回転な取引をすることができます。

 

ボラティリティ(値動き)が低くても利益が出る

FX(米ドル/円)で米ドルを買った場合、米ドルの価値がどんどん上昇してくれないと利益に結び付きません。

「レバレッジ」を使うこともできますが、基本的にはボラティリティ(値動き)が活発になってくれないと、いかんともしがたいです。

 

一方で海外バイナリーオプションの場合は、上がるか下がるか予想した方向に対して0.1pipsでもプラスになっていれば利益が得られます。

 

ボラティリティがある場面を狙う必要がなく、24時間いつでも利益を狙えます。


以上のことを見ると、

キツネくん
あれ?意外とバイナリーオプションもメリットあるじゃん!

何がダメなの?

このように思う人もいるかもしれません。

 

では続いて、「なぜバイナリーオプションが無理ゲーなのか?」をお話します。

 

 

なぜバイナリーオプションが無理ゲーなのか?

バイナリーオプションが無理ゲーである理由は次の3つです。

バイナリーオプションが無理ゲーな理由3つ

・かならず上か下かを当てなければならない

・そもそもトレーダー側がやや不利な仕組みになっている

・リスクリターンの数値が異常

 

かならず上か下かを当てなければならない

バイナリーオプションでは、かならず上か下かを当てる必要があります。

でも予知能力者でもない限り、当て続けるのはムリです。

上か下かの2者択一なので、確率上はやればやるほど勝率50%に収束していきます。

(実際にはトレーダー心理が介在するので、誤差が生じると思いますが…)

 

2者択一の運まかせというのは、ほぼギャンブルと同義です。

 

キツネくん
そうはいっても、「上か下かを当てないといけない」という意味では、FXでも株でも同じじゃないの?

その理論で言えば、FXや株もギャンブルじゃないの?

こう考える人もいるかと思います。

 

でも、FXや株の場合は違います。

FXや株では、特に長く勝ち続けようとすると、「レートの変化は当てられない、自分の思いどおりにはならない」という考え方でないとかなり難しいです。

 

確かにFXや株でも、投資対象を買えばその価値が上昇してくれないと利益は出ません。

でもFXや株では、“手法次第では”上がろうが下がろうがどっちでもいいんです。

 

多分このことに関しては、何言ってるのかまったく理解できない人もいるかと思います。

ただ、これを掘り下げると話が終わらないため、気になる人は次の記事にそのエッセンスが入っているので読んでみてください。

サムネイル:FXのナンピン
FXで「ナンピン」はやってはいけない手法なのか?

この記事を読むのに必要な時間は約7分です。 こんにちは、サイです。   いきなりですが、皆さんは「ナンピン」を知っていますか?   ナンピンはトレード手法の一つで、「含み損が出てい ...

続きを見る

 

そもそもトレーダー側がやや不利な仕組みになっている

例えばHighLow(15分設定)の場合のペイアウト率(還元率)は、1.85倍になっています。

つまり1,000円投入すると、

・勝って1,850円になる

・負けて1,000円がゼロになる

この2択しかありません。

 

仮に、以下の条件でバイナリーオプションをおこなったとしましょう。

・資金1万円

・勝ち負けの確率50%

・1,000円×10回分の取引をする

 

この場合の確率上の期待値は、9,250円で7.5%のマイナスです。

上か下かの2択を当てるゲームなのに、勝率5割だとマイナスになるんです…

勝率55%でようやくプラマイゼロ。

そこからガッツリ増やそうと思えばもっと高い勝率で、しかもそれを維持し続ける必要があります。

でも、未来予知ができない以上、高勝率を維持し続けることはほぼ不可能です。

 

ちなみにペイアウト率(還元率)が2.0を超える商品もあります。

ペイアウト率(還元率)が2.0であれば、確率上の期待値はプラマイゼロになります。

しかしその場合は「スプレッド」が付与されており、要はペイアウト率とは別のところでトレーダー側が不利になる仕組みが組み込まれています。

 

リスクリターンの数値が異常

ここで代表的な投資商品の平均的利回りとバイナリーオプションの利回りを比較して見ましょう。

代表的な投資商品の平均的利回り

・債券(国債、社債)⇒ 年利0.05~0.5%程度

・投資信託 ⇒ 年利5%程度

・NISA、つみたてNISA、iDeCo ⇒ 年利3~5%程度

・裁量トレード(株・FX・先物など)⇒ 自身の設定次第

 

一方でバイナリーオプションは、

たった数分から1日で、80~130%またはゼロ

 

こうやって見比べると、突出して異常値ですね…

特にリターンどうこうよりも、負けた場合に掛け金がゼロになるというのがかなりシビアです。

 

再度、整理すると

・設定した時間経過した後に、上か下かを絶対に当てないといけない

・でも未来予知ができない以上、当たる確率は50%に収束していく

・勝率50%では、儲からない仕組みになっている

・負けると毎回掛け金がゼロになる(ほぼギャンブル)

これらのことから、バイナリーオプションは無理ゲーだと言えます。

 

実際にデモでやってみた感想

理論的にどうこういうだけでなく、一応自分でデモトレードもやってみました。

 

しかし実際にやってみた上でも、「あぁ、これは無理ゲーだわ…」と感じました。

本当に投資ではなくギャンブルをやっているような感覚でした。

 

なおデモトレードは、デモ口座の開設やツールのダウンロードも必要なく、ネット上で簡単にできます。

リンクを貼っておくので、ぜひこの記事を読んでくださったみなさんも、ぜひ一度自分で体験してみることをオススメします。

 

デモなら掛け金いくらでやっても実害はありません。

ぜひ大きめの金額、例えば10万円で、それが一瞬で倍になったりゼロになったりする特異な世界を体感してみてください(^^)

 

バイナリーオプションは禁止されている国もある

近年、イギリスやイタリアなどの諸外国では、バイナリーオプションが全面禁止されるようになってきています。

その理由は簡単で、バイナリーオプションのギャンブル性が高すぎるからですね。

国によっては、バイナリーオプションは投資ではなくギャンブルとみなされています。

 

ちなみに日本も、バイナリーオプションのギャンブル性の高さを問題していますが、現状は2013年にギャンブル性を抑える規制をしただけにとどまっています。

それ以降は特段の情勢の変化はありません。

ただ序盤にも書いたとおり、その規制によって通常のFXとも海外バイナリーオプションとも異なる、妙に複雑で中途半端な商品となってしまっています…

 

個人的には国内バイナリーオプションのような半端者をやるぐらいなら、普通にFXやった方がいいと思います。

 

まとめ

バイナリーオプション(海外)は、次の理由から無理ゲーです。

・設定した時間経過した後に、上か下かを絶対に当てないといけない

・でも未来予知ができない以上、当たる確率は50%に収束していく

・勝率50%では、儲からない仕組みになっている

・負けると毎回掛け金がゼロになる(ほぼギャンブル)

 

中には「一瞬で資金が倍になる」というインスタントな魅力に吸い寄せられる人もいるかもしれませんが、大半の人はうまくいかないと思います。

特に継続して勝ち続けるのは、至難の業です。

 

ということで投資をやるなら、バイナリーオプションではなくもっと現実味のある投資商品を選んで、しっかり勉強して実践してコツコツ地道に資産を増やしましょう。

 

それでは今回は以上です。

-投資全般, FX
-,

© 2021 サイブログ Powered by AFFINGER5