FX

FXは情報収集が命!?情報収集におすすめのWEBサイト・SNSをご紹介

サムネイル:FXのおすすめ情報収集サイト

この記事を読むのに必要な時間は約7分です。

こんにちは、サイです。

 

今回は、FXでの情報収集に役立つオススメのWEBサイト・SNSをご紹介します。

 

相場の世界は、世界の政治経済などの情勢と切っても切れない関係にあります。

リーマンショック、アベノミクス、イギリスのEU離脱、米中貿易戦争、新型コロナショック、アメリカ大統領選挙などなど。

数え上げるとキリがありませんが相場は、社会の様々な政治的・経済的要因に大きく影響を受けます。

 

そのためFXにおいて、政治経済の情勢を知っておくことは大変重要です。

また情報収集の際には、できるだけ素早く、正しい情報を得る必要があります。

 

それでは前置きもほどほどに、さっそくおすすめのWEBサイト・SNSを見ていきましょう。

 

 

経済指標の情報収集におすすめのWEBサイト

「経済指標」とは、世界各国の政府や銀行が発表する経済関連の統計結果などのことです。

多くの投資家が注目しており、これらの結果は株や為替相場に大きな影響を与えます。

 

経済指標は、事前に発表日時が公表されているので、いつ何が発表されるのか事前に把握しておくことが重要になってきます。

そこで、各国の経済指標を取りまとめて教えてくれるサイトを2つご紹介します。

 

どちらのサイトでも、日々の経済指標のスケジュールを教えてくれます。

しかしそれだけではなくそれぞれ固有の利点があるため、どちらか一つのサイトを使うよりも、両方を目的に応じて使い分けることをオススメします。

 

羊飼いのFXブログ

画像引用元:羊飼いのFXブログ

 

 

まず「羊飼いのFXブログ」ですが、こちらの利点は日々の経済指標のスケジュールを確認できるだけでなく、指標ごとのチャートの値動きを過去にさかのぼって確認できることです。

例えば、「雇用統計」を選択すると、過去10年以上に渡って毎月第一週金曜日、アメリカ雇用統計時の値動きを確認することができます。

 

 

指標ごとの過去の値動きの特徴、特に変動の幅を大まかにでも把握できておくと、それに対するトレードのシナリオを立てやすいです。

 

 

Investing.com

次に紹介するのは「Investing.com」です。

 

画像引用元:investing.com

 

ヘッダーメニューのツールをクリック⇒ 経済指標カレンダーをクリックして、経済指標のスケジュール・重要度を確認することができます。

 

こちらの利点は、経済指標の結果をリアルタイムで、ほぼタイムラグなしで確認できることです。

また、スマホアプリ版もありますので、そちらを利用すればいちいちサイトを開かなくても、アプリの通知機能で指標の結果をいち早く知ることができます。

 

さらにカレンダーボタンを使えば、任意の日付の経済指標の結果もさかのぼって確認できるので、チャートの過去検証を行う際は重宝します。

画像引用元:investing.com

 


あらためてそれぞれ特徴を簡潔に整理すると次のようになります。

羊飼いのFXブログ

・日々の経済指標のスケジュール・重要度をチェックできる

・経済指標ごとの、過去の値動きを10年以上さかのぼってチェックできる

Investing.com

・日々の経済指標のスケジュール・重要度をチェックできる

・経済指標の発表結果をいち早くチェックできる

・任意の日付における経済指標の結果を、さかのぼってチェックできる

 

 

政治経済ニュースの情報収集におすすめのSNS

経済指標以外のニュースの情報収集は、twitterを活用することをオススメします。

 

なぜなら各WEBサイトを巡るよりも、圧倒的に情報を得られるスピードが速いからです。

そこで私も普段フォローしている、おすすめのツイッターアカウントをご紹介します。

 

 

日経電子版マーケット

日経電子版マーケット: @nikkei_market

 

日経新聞デジタルの中の、株や為替に関するニュースのみが随時流れてきます。

ニュースを選別する必要なく情報を得られるので、大変便利です。

 

ロイタービジネス

ロイタービジネス: @ReutersJapanBiz

 

ロイターの、経済関連の情報に特化したアカウントです。

ロイターには「ロイタージャパン」など他のアカウントもありますが、それらよりも経済の情報が選別されているので使いやすいです。

 

 

Donald J Trump

Donald J Trump: @realDonaldTrump

アメリカのトランプ大統領のtwitterアカウントです。

 

トランプ大統領はマスコミ嫌いで有名で、メディアを通さずに自ら重要事項を、twitterを通して発信することが多いです。

「トランプ砲」と呼ばれますが、時には株や為替市場に大きく影響するようなことをつぶやいたりします。

発信のタイミングは予期できないのですが、変動後でもその要因が「トランプ大統領の発言によるものだ」と早くわかれば、その後のリスクを抑えることもできます。

 

なお英語で発信されますが、ツイッターの「ツイートを翻訳」ボタンを押せば、英語を読むことが不得意でも大まかに内容を把握できます。

 

 

Yoshiko Matsuzaki

Yoshiko Matsuzaki: @LondonFX_N20

ロンドン在住のトレーダー、松崎美子さんのツイッターアカウントです。

 

欧州の、特にイギリスの政治・経済ニュースを日本人にも伝わるように発信されています。

 

例えば最近では、イギリス総選挙やEU離脱に関する情報を現地から、いち早くツイッターで伝えてくださいました。

どうしても日本からだと欧州の情報に疎くなってしまうので、フォロー必須の方です。

 

 

株価動向などの情報収集におすすめのWEBサイト

為替市場は、株などその他の金融市場とも密接に関係しています。

例えば、アメリカの景気がよくアメリカ株が値上がりする場合は、ドルの価値も同様に上がることが多くあります。

つまりそういった傾向があることを知っていて、株価についてもチェックしておくと、「アメリカの株が値上がりしているから、ドルを買ってみよう」というシナリオを立てることもできるのです。

 

そこで、各国の市場状況を一目で確認できるサイトを紹介します。

 

世界の株価

画像引用元:世界の株価

 

世界の株価」は御覧のとおり、世界各国の市場などの、現在のレートと前日比が一目でわかるようになっています。

また各チャートをクリックすると、リンクされたページに移動して、より詳しく値動きを確認することもできます。

 

 

まとめ

今回は以下の、FXの情報収集にオススメのWEBサイト・SNSを紹介しました。

羊飼いのFXブログ

Investing.com

・日経電子版マーケット: @nikkei_market

・ロイタービジネス: @ReutersJapanBiz

・Donald J Trump: @realDonaldTrump

・Yoshiko Matsuzaki: @LondonFX_N20

世界の株価

 

いろいろな情報を仕入れられるようになっておくと、トレードに幅が出たり、事前にリスクを回避できることもあるので、うまく活用してみてください。

 

今回は以上です。

-FX

© 2021 サイブログ Powered by AFFINGER5