FX

飛びつきエントリーは厳禁!?飛びつきエントリーの問題点と防止策

サムネイル:Fxの飛びつきエントリー

この記事を読むのに必要な時間は約5分です。

こんにちは、サイです。

 

キツネくん
チャートを見ているとつい、飛びつきエントリーしてしまう。ポジポジ病がなかなか治らないよ…

 

今回はそんな悩みを持つ人に向けて、飛びつきエントリーの問題点とその防止策を3つご紹介します。

 

 

飛びつきエントリーの問題点

飛びつきエントリーは、目の前の値動きを見て生じる「利益を得る機会を逃したくない!」という欲から現れる衝動的行動です。

しかし残念なことに、その欲のままに行動したところでなかなか勝てないのが、FXの世界の厳しいところです。

 

飛びつきエントリーには、勝てない要因となる次の問題点があります。

・エントリーに明確な根拠がない

・ポジポジ病になりやすい

 

エントリーに明確な根拠がない

飛びつきエントリーは衝動的な行動なので、そこに明確な根拠がありません。

よって運よく利益が上げられれば問題ありませんが、ひとたび逆行してしまうと、根拠も自信も計画性もないので含み損に耐えられません。

最終的には、まったく意味のない損切りをしてしまうことになります。

 

ポジポジ病になりやすい

欲に負けて飛びつきエントリーを繰り返していると、延々とチャートに張り付いて、値動きにくりかえし翻弄される「ポジポジ病」に陥ることがあります。

 

ポジポジ病の先に待っているのは、損切りの嵐と諦めです。

人は損切りを短時間に過剰に繰り返すと、だんだん感覚がマヒして諦めたように投げやりに損切りするようになります。

なおこのことは、「プロスペクト理論」と言って学術的にも実証されています。

 

ポジポジ病になってトレードを続けてしまうと、遠からず相場から退場する破目になるでしょう。

 

では具体的にどうやったら飛びつきエントリーは防止できるのか、次はその方策をご紹介します。

 

 

飛びつきエントリーの防止策

今回紹介する飛びつきエントリーの防止策は、次の3つです。

1:ローソク足の確定を待ってエントリーする

2:指値注文でエントリーする

3:トレード記録をつけて検証する

 

1:ローソク足確定を待ってエントリーする

飛びつきエントリーは、儲けたい気持ちがはやるあまり、チャートの値動きに注視しすぎることで起きます。

 

それを無くすには、細かい値動きに一喜一憂するのではなく、見ている時間足においてローソク足確定をしっかり待ってエントリーできるようになることが必要です。

しかし、「ローソク足が確定するまでエントリーはしない!」と決意をしても、いざ値動きを見てしまうとついつい飛びつきたくなるものです。

 

そこでそれを達成する方法の一つとして、下のチャートのように「インジケーターで、チャート内にタイマーを表示する」というものがあります。

 

MT4では「Remaining Time」という無料インジケーターを使って、チャート上にローソク足が確定するまでの時間を、秒単位までタイマー表示することができます。

 

このタイマーを活用して、エントリーしたいと思ったらローソク足でなくタイマーの数字に意識を集中させるようにすると、値動きに注視するクセをなくし、ちゃんとローソク足確定後にエントリーできます。

また、それを継続して習慣化すれば、ストレスなくローソク足確定を待ってエントリーできるようになります。

 

なお「Remaining Time」は下の記事で、他のおすすめインジケーターと合わせて紹介しています。

ダウンロードも記事内のリンクから可能です。

サムネイル:おすすめ無料インジケーター8選
チャートを読み解きやすくする、MT4のおすすめ無料インジケーター8選

この記事を読むのに必要な時間は約13分です。 こんにちは、サイです。   今回は私のおすすめのMT4無料インジケーターを8つ、ご紹介します。   なお今回紹介するものは、MACDや ...

続きを見る

 

 

2:指値注文でエントリーする

2つ目の方法は、指値注文でエントリーする というものです。

 

指値注文とは、「いくらで買いたいか(売りたいか)」をあらかじめ指定して注文する方法です。

指値で買い注文を出す場合 ⇒ 現在の価格より安い価格で注文します

指値で売り注文を出す場合 ⇒ 現在の価格より高い価格で注文します

 

例えば上昇トレンド中に買いを入れる場合は、一旦下落(押し目)を入れてサポートされるだろうと思われる部分に指値注文を入れます。

はじめは「価格が下落しているのに買い注文を入れるのはこわい…」と思うかもしれませんが、よくよく理解して実践してみると効率が良い方法だということが分かります。

 

下の模式図を見てください。

①上昇トレンド中、Aの部分で飛びついて買った場合

 

②上昇トレンド中、重要な価格までの下落(押し目)を待って、Bの部分にセットした指値注文でエントリーした場合

利益目標の価格と損切りの価格をどちらも同じ位置に設定すると考えると、②のように押し目を待って指値注文でエントリーした方が、利益幅・損切り幅ともに有利 であることが分かります。

 

なおこれは、 重要な価格の位置を認識する能力が、身についていることが前提 です。

それを身につけるための練習も、過去チャートの分析などを通して別途必要です。

 

なお、押し目をつけずに(=指値注文のレートまで下げずに)そのまま上昇することも当然あります。

その場合はエントリーができないので利益は出ませんが、それと同時に損失を出すこともありません。

気持ちを切り替えて、次のチャンスを淡々と探せばいいだけの話です。

 

 

3:トレード記録をつけて検証する

地味で時間もかかる大変な作業ですが、これがもっとも効果があります。

 

日々のトレードを記録し、検証を繰り返して、利益を上げられる自身のトレード手法を確立できれば、飛びつきエントリーをする必要がそもそもなくなります。

 

なお、トレード記録をつけるのに便利なスマホアプリを下の記事で紹介しています。

・記録をつけるのが面倒

・記録をつけるといっても、何をどう書いたらわからない

という悩みを持つ人は、ぜひこちらも目を通りしてみてください。

サムネイル:トレード記録用アプリをご紹介
【FX】トレード記録ってメンドくさい!その悩みを解消するアプリあります

この記事を読むのに必要な時間は約7分です。 こんにちは、サイです。   キツネくんFXのトレード記録をつけてるんだけど、記録をするのが面倒くさくて、大事だと思っても三日坊主になってしまう… ...

続きを見る

 

 

まとめ

飛びつきエントリーは、例えばスキャルピングのように技術的な裏付けがない限りは“百害あって一利なし”です。

 

防ぐには「儲けたい・儲けるチャンス失いたくない」という欲に抗わなければならないのでなかなか大変です。

しかし、工夫をしたりトレードの経験・実績を重ねたりすることで上手くコントロールできるようになりましょう。

 

今回は以上です。

-FX
-

© 2021 サイブログ Powered by AFFINGER5