FX

FX商材って何だかあやしくない?詐欺も多いFX商材の実態をご紹介

サムネイル:FX商材の実態

この記事を読むのに必要な時間は約8分です。

こんにちは、サイです。

 

キツネくん
FXの商材に興味があるんだけど、買ったら勝てるようになるのかな…
10万円もするけれど買ってみようかな…

 

FXを始めたばかりの人FXでなかなか勝てない人の中には、FX商材に対してそんな思いを持っている人もいるのではないでしょうか?

 

結論から言うと「FX商材には絶対手を出さない方がいい」のですが、今回はそういった思いを持つ人に向けて、「FX商材」についてお話します。

 

FX商材の実状:FX商材のほとんどは詐欺まがい

世の中には、正確な数がわからないほどおびただしい量のFX商材があふれています。

でもネットだろうが実社会だろうが、商材のほとんどは詐欺まがいだと考えて支障ないと思います。

 

ネットではFX商材比較サイトが乱立。その理由は…

ネットでFX商材を調べようとして「FX 商材」とググると、様々なFX商材比較サイトがでてきます。

この商材はSランクだの、この商材は90点だの書かれていますが、それらの評価は99%いい加減なことを言ってると思った方がいいです。

 

そもそもなぜ多くの人がFX商材比較サイトをつくっているのか、わかりますか?

 

自身の比較サイトから商材が売れたら成果報酬がもらえるからですよ。

 

金額はあくまで例え話ですが、1本10万円・成果報酬5%の商材が1本自身のサイトから売れたとすると5,000円、10本売れたら5万円手に入るのです。

 

お金になるからこそ、成果報酬をもらえる商材をかき集めてきて、こぞって比較サイトをつくるのです。

良いものを広く知らしめたいといった善意で、わざわざコストかけて大がかりな比較サイトをつくって紹介しているわけではありません。

 

時には50万円もするFX商材を売りつけられる詐欺事件も…

ネットだけでなく実社会でも、2019年12月、FX商材に関して次のような詐欺事件がありました。

【USB購入が悪夢の始まり…「1年で200%の利益」マルチ商法、大学生被害続出】

為替相場の値動きを予想して投資する「バイナリーオプション」と呼ばれる金融取引を巡り、「1年間で投資額の200%の利益が出る」といったうたい文句で、大学生が投資用の情報が入ったUSBメモリーを高額で購入させられるトラブルが首都圏で相次いでいる。

購入者が友人を勧誘して拡大していくマルチ商法(連鎖商法)になっているのが特徴だ。

 

引用:毎日新聞-2019年12月22日

 

1年間で投資額の200%の利益」なので、例えば100万円ではじめたら300万円(利益200万円)になるということです。

本当ならメチャクチャおいしい話ですよね。

 

FXの世界で、実際にそのぐらいの利益を上げるトレーダーは確かに存在します。

ただしそれは、ごくごく少数のベテラントレーダーかギャンブラーだけです。

なお、ギャンブラーの場合は勝ちを継続できないので、1回大儲けしてもいずれ資産を失っていつの間にかいなくなります。

 

そんなUSB1本買って、だれでも億万長者になれるほど簡単な世界ではないですよ。

 

 

FX商材に手を出してはいけない理由

FX商材はほとんど詐欺と言いつつも、中にはもしかすると本当に良い商材もあるかもしれません。

 

しかし、仮にそうであっても次の理由からFX商材には手を出すべきではないと思います。

理由1:ネット上で「FX商材を使って勝っている」トレーダーを見かけないから

理由2:良い商材と詐欺商材の見分けがつかないから

理由3:良い商材を使っても勝てるとは限らないから

理由4:商材買うぐらいなら相場につぎ込んだ方がいいから

 

理由1:ネット上で「FX商材を使って勝っている」トレーダーを見かけないから

勝っているトレーダーさんの中には、ブログ・ツイッターなどで発信をされている人もおられます。

しかしその中で、「この商材を買って、めちゃくちゃ勝てるようになった!」と言っている人なんてほぼ存在しません。

商材のうたい文句のとおり誰でも勝てるのであれば、twitterなどで話題になりそうなものですが…

 

また、実際にトレードをされる際のチャート画像をネット上にアップされる人もおられますが、それらを見ると大抵シンプルです。

移動平均線、サポレジライン、トレンドライン、MACD、RCIなどなど…

勝っているトレーダーさん同士でも相場分析に用いるツールは人それぞれですが、メジャーなツールの中から1~3個程度を組み合わせてチャートを見ている人がほとんどです。

 

有料商材などの購入を検討されている人の中には、「特殊な手法やインジケーターを使わないと他のトレーダーを出し抜けないんじゃないか?」と思う人もいるかもしれません。

 

でも、実際はその逆です。

特殊な手法で誰も注目していないようなものでは、相場心理が働かないのでまったく意味がありません。

それよりもメジャーなツールを正しく理解して使いこなせるようになった方が、勝ち組トレーダーに近づけます。

 

理由2:良い商材と詐欺商材の見分けがつかないから

良い商材があっても、数ある詐欺商材の中からそれを探し当てるのはほぼ不可能です。

 

FX商材比較サイトは数多ありますが、それらは先ほど言ったとおり、商材を売って成果報酬を得るためにつくられています。

良いものを紹介することが目的ではありません。

そのため、必然的に売りやすそうな謳い文句の商材成果報酬が高い商材に高評価がつけられるので、まったくアテになりません。

 

理由3:良い商材を使っても勝てるとは限らないから

また、良い商材に巡り合ったとしても、それで勝てるとは限りません。

 

その理由は2つ。

1つは、為替相場はある程度ランダムに動くので、良い商材に書かれている手法だからと言ってそれが24時間365日機能することは100%ありえないから。

もう1つは、いくら優れた手法を知っていようと、裁量でトレードする限り個人の能力・経験・メンタルに結果が大きく左右されるからです。

 

結局のところ裁量トレードの場合は、手法よりも「相場環境」と「手法を扱う個人の能力」に大きく依存してしまうのです。

 

勝てる手法も常に機能するわけではありませんから、同じ手法を使ったとしても、能力のあるトレーダーは勝てない場面をうまく回避して利益を増やしていきます。

しかし、その能力がないトレーダーは、どんな場面でも愚直に突っ込んでしまって自滅してしいきます。

 

理由4:商材買うぐらいなら相場につぎ込んだ方がいいから

商材は高額なものが多く、10万円近くするものもザラにあります。

 

でも10万円で買ったとして、ほぼほぼ詐欺商材に当たる可能性が高く、良い商材に巡り合っても勝てるとは限りません。

それならば10万円そのままトレードにつぎ込んで、1000回トレードしてお金を溶かした方がはるかに上達は早いと思います。

 

 

FXの勉強は本・ブログ・YouTube・twitterで十分

商材なんてバカ高いものに手を出さなくても、今は情報が身の回りにあふれています。

 

お金をかけずにブログ・YouTube・twitterなど、ネットで学ぶこともできますし、数千円出せば買える市販本もたくさんあります。

必勝法なんてない世界なので、それらで基本的な知識を身につけられれば十分で、あとはひたすら実践あるのみです!!

 

ちなみに、私がFXを学んだ本やブログなどについては下の記事で紹介していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

サムネイル:FXのおすすめ書籍7選
たくさんあり過ぎて選べない?おすすめのFX書籍を7冊ご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約5分です。 こんにちは、サイです。   みなさんは書店で投資関連の本を手に取ったことがありますか?   昨今は副業や投資が声高に推奨されて身近なもの ...

続きを見る

サムネイル:トレーダー紹介
真似すればあなたも勝てる!?情報発信されている4組の凄腕トレーダーさんをご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約6分です。 こんにちは、サイです。   ウサギくん FXっていざやってみると、独学で学ぶのはほんとうに大変…   FXを始めてみて、そう感じておられ ...

続きを見る

 

 

どうしても商材が気になるなら「note」から探せ!

キツネくん
本やブログなどから学んでもなかなか勝てるようにならなくて、ど~しても商材が気になってしょうがない!

こういう人は、「note」から情報を探すことをオススメします。

 

知らない人もいるかもしれませんので、「note」とは、個人・企業クリエイターが文章・写真・イラスト・音楽・映像などの作品を配信できるウェブサイトのことです。

noteにアクセスする

 

その中にはFXに関することを配信している人もおられます。

トップページの検索窓から「FX」と検索をかければ、有料の情報も無料の情報も両方たくさん出てきます。

ウェブサイト「note」のトップページ

 

FXに関するnoteをつくって販売している方の多くは、販売者自身もトレードをしていて、その経験の中でたどり着いたトレード手法などを書き起こして売っています。

 

さらに中には、実際のトレードをtwitterやブログなどでも配信されている方がおられます。

それを見るとnoteを購入する前に、販売者のある程度の人となりやトレード状況、大まかにどういったトレード手法なのかをうかがい知ることができます。

 

もちろんtwitterなどであっても、その人物と直接会って話したりはできないわけですから、情報の真偽が定かでない部分はあります。

しかし、それでもある程度の事前情報が得られるので、全く中身の見えない高額商材に手を出すよりはいくらか安心です。

 

 

FX商材まとめ

・FX商材のほとんどは詐欺まがい、マルチ商法として報道されたこともある

・良い有料商材もあるのかもしれないが、それでもFX商材は買わない方がいい

・FXの勉強は無料の情報や市販本で十分

・どうしても有料の情報が気になるなら「note」での購入がオススメ

 

FX商材については要するに、「世の中そんなに甘くない」ってことですよ。

 

FXに限らず投資は確かに儲かっている人が存在しますが、そこに仲間入りしようとするのならば近道しようとせずに、地道に勉強して実戦経験を積んでいくしかないと思います。

 

FX商材の歌い文句を見てると心が揺れそうにもなりますが、流されずに地道にやっていきましょう。

 

今回は以上です。

-FX
-

© 2021 サイブログ Powered by AFFINGER5