ブログ

グーグルアドセンスとは?仕組みや登録方法をご紹介

サムネイル:グーグルアドセンスの仕組みと登録方法

この記事を読むのに必要な時間は約7分です。

こんにちは、サイです。

 

キツネくん
グーグルアドセンスでお金を稼ぎたいけれど、そもそもどういう仕組みでお金がもらえるの?
ウサギくん
グーグルアドセンスってどうやったら利用できるの?

 

今回はそんな疑問を持つ人に向けて、

・グーグルアドセンスとは?

・グーグルアドセンスがおすすめな理由

・グーグルアドセンスへの登録方法

・アドセンス審査に合格する方法

・グーグルアドセンス利用時の注意事項

について、お話します。

 

 

グーグルアドセンスとは?

グーグルアドセンスは、グーグルが提供しているクリック報酬型広告の配信サービスです。

 

グーグルアドセンスに登録して、ブログに広告を掲載。

その広告がユーザー(ブログ読者)にクリックされる度に報酬が発生します。

仕組みを簡単に図示すると下の図のようになります。

 

また、グーグルアドセンスは登録に審査が必要ですが、無料で利用できます。

 

グーグルアドセンスの仕組み

 

 

 

グーグルアドセンスがおすすめな理由

クリック報酬型広告の配信サービスは、グーグルアドセンス以外にも「nend」「i-mobile」「fluct」などがあります。

リンク:nend
リンク:i-mobile Ad Network
リンク:fluct

 

しかし次の理由から、グーグルアドセンスが一番おすすめです。

・広告の報酬単価が高めだから
・ユーザーの関心が高い広告が表示されやすいから

 

 

広告の報酬単価が高めだから

これがおすすめする理由として、一番大きいです。

 

明確に広告主ごとの広告報酬単価が一つ一ついくらと示されているわけではありませんが、グーグルアドセンスの報酬単価は、1クリックあたり平均で20~40円ほどと言われています。
これは他の広告配信サービスの倍ほどの数字です。

 

例えば1万円稼ぐことを考えると、報酬単価40円なら250回、20円なら500回、10円なら1000回のクリックが必要です。
単価の差によって生じるトータル報酬の違いは、かなり大きいです。

 

ユーザーの関心が高い広告が表示されやすいから

グーグルは、世界で一番多く利用されているネットサービスです。

グーグルアドセンスにおいても広告を表示するメディアだけでなく、広告を提供する広告主も他社とくらべて圧倒的に多いです。

 

そのため、広告のバリエーションもジャンルも広く、自身のブログにマッチした内容の広告が表示されやすいです。
ブログの内容と広告の関連が高ければ、ユーザーに関心を持ってもらいやすく(⇒広告をクリックしてもらいやすく)なります。

 

 

グーグルアドセンスへの登録方法

グーグルアドセンスに登録するためには、次の4つの手順が必要です。

1:グーグルアカウントを作成する

2:グーグルアドセンスに登録する

3:ブログにアドセンスのコードを張り付けてリンクさせる

4:アドセンスの審査を受ける

 

1:グーグルアカウントを作成する

グーグルアカウントを持っていない人は、まずアカウントをつくってください。
アカウントは無料で作成できます。
以下のリンクから、必要情報を入力してアカウントを作成してください。

 

2:グーグルアドセンスに登録をする

1. グーグルアドセンスにアクセスし、ご利用開始をクリック

下のリンクボタンから、グーグルアドセンスにアクセスしてください。

グーグルアドセンスにアクセスする

 

グーグルアドセンスのトップ画面

 

2.申し込みフォームに入力する

グーグルアドセンスの申し込みフォーム

 

・メールアドレスは、グーグルアカウントのアドレスを入力してください。

・AdSenseの有益な情報を受け取るかどうかは、好きな方を選択してください。

 

 

3.国を選択し、利用規約を確認・同意する

グーグルアドセンスの申し込みフォーム2

以上でグーグルアドセンスへの申し込みが完了し、「アドセンス用のアカウント」が作成されます。

 

4.グーグルアドセンスのホームで「支払い先住所」を入力する

アカウントが作成されると、自動的にグーグルアドセンスのホームに移動します。

そこで、報酬の「支払い先住所の詳細」入力画面が自動的に表示されるので、情報を入力してください。

グーグルアドセンス 支払い先住所の入力画面

 

 

3:ブログにアドセンスのコードを貼り付けてリンクさせる

グーグルアドセンスに登録したら、今度はブログとグーグルアドセンスをつなぎ合わせます。

 

まず、グーグルアドセンスのホームで支払先住所を入力・送信すると、下の画面に自動遷移します。

そこに記載されているAdSenseコードをブログに貼り付けることで、ブログとグーグルアドセンスをリンクさせます。

グーグルアドセンス コード表示画面1

 

 

1.赤枠部分にあるAdSenseコードをコピー

グーグルアドセンス コード表示画面2

 

2.自身のブログに移動、AdSenseコードをHTMLの〈head〉タグ内に貼り付ける

3.貼り付けが完了したら、グーグルアドセンスホームで完了ボタンをクリック

グーグルアドセンス コード表示画面3

 

無事リンクが完了すると、次のようにコードが見つかったと表示されます。

グーグルアドセンス コード確認画面

ここまでで作業は完了です。

ここからはアドセンス側の審査を受けて結果を待ちます。

 

 

4:アドセンスの審査を受ける

グーグルアドセンスへの登録、グーグルアドセンスとブログのリンクが完了すると自動的に審査が始まります。

審査には1日~2週間ほどかかりますので、気長に待ちましょう。

 

無事審査に合格すると、登録したメールアドレス宛に次のような合格通知が届き、ブログに広告を掲載できるようになります。

グーグルアドセンス審査合格メール

 

 

アドセンス審査に合格する方法

ブログを始めて、グーグルアドセンスの審査に合格するためには次の2つを行いましょう。

・ブログのデザインを整える
・10記事程度ブログに投稿する

 

なお禁止コンテンツを書いてしまうと、審査に通らないので注意してください。
主な禁止コンテンツは、次の「グーグルアドセンス利用時の注意事項」の中で記載しています。

 

また、もしも審査に落ちてしまったとしてもショックを受ける必要はまったくありません。

その場合は禁止コンテンツに触れていない限り、単純にブログのクオリティが不十分である可能性が高いです。

記事の内容を見直したり、記事数を増やしたり、ブログ全体の体裁をよりブラッシュアップしたりした後、再度審査にチャレンジしましょう。

 

グーグルアドセンス利用時の注意事項

グーグルアドセンスは利用するメディアも多い分、規約も厳しいです。
当然ながら規約に違反すれば、広告の利用停止をくらいますので注意してください。

 

特に要注意な事項は、次の3つです。

1:自分で広告をクリックしない、特定の人にクリックさせない

2:広告のクリックを誘導しない

3:禁止コンテンツを書かない

 

なおアドセンス登録後はご自身でも下のリンクから、グーグルアドセンスのプログラムポリシーに目を通しておくことを勧めます。

 

1:自分で広告をクリックしない、特定の人にクリックさせない

たとえば「自分のスマホで何回もクリックすれば楽勝で稼げるんじゃないの?」と考える人もいるかもしれません。
でもグーグルもさすがにそこまでバカではありません。
不正なクリックを行えば簡単にバレます。
もちろん自分以外でも知人にクリックを繰り返してもらったり、クリックツールを使ったりするのもアウトです。

 

また、第三者からいたずらで広告を連打されてもアウトです。

そのためWordPressブログでは「AdSense Invalid Click Protector」など、いたずらクリック防止用のプラグインを導入することをおすすめします。

 

2:広告のクリックを誘導しない

ブログ運営者が記事の中で、ユーザーに対して意図的に広告をクリックするように誘導することもアウトです。

 

3:禁止コンテンツを書かない

グーグルアドセンスは、次のようなコンテンツを配信するブログでは利用できません。

・アダルトコンテンツ
・ユーザーに強いショックや不快感を与えるコンテンツ
・他者を中傷するコンテンツ
・薬物・タバコ・アルコールに関するコンテンツ
・オンラインギャンブルに関するコンテンツ
・著作権を侵害するコンテンツ             など

 

アダルトコンテンツだけでなく、お酒やタバコに関することもアウトです。
もしもそれらに関するブログを運営したい場合は、グーグルアドセンスはあきらめて他社の広告配信サービスを利用しましょう。

 

 

グーグルアドセンス まとめ

グーグルアドセンスは、誰でも無料で使えるブログ収益化手段の一つです。

ブログで稼ぐなら活用しない手はありません。

 

ブログを始めて10記事程度投稿できたら、ぜひ審査にチャレンジして登録を目指してみてください。

 

それでは今回は以上です。

-ブログ
-

© 2021 サイブログ Powered by AFFINGER5