うつ病

うつ病で公務員を退職、在宅ワーカーへ。そんな私のうつ病体験をお話します

サムネイル:私のうつ病体験談

この記事を読むのに必要な時間は約7分です。

こんにちは。サイです。

今回は、私自身のうつ病についてお話します。

 

私は3年前、うつ病になりました。

そしてうつ病が元で仕事を退職、現在は「在宅ワーク」と「投資」をしながら暮らしています。

 

今回はそんな私が、

・ そもそも何がきっかけでうつ病になったのか

・どのように寛解にいたったか

などを振り返っていきます。

 


私はうつ病になったとき、

・この症状は、そもそもうつ病なのか?

・うつ病であるなら、ちゃんと治るのか?治るのならどれくらいの時間を要するのか?

を知りたくて、いろいろとネットで検索しました。

 

しかし、ネットで検索して上位に挙がってくるのは、メンタルクリニックのサイト、企業系や雑誌コラム系のブログばかり。

本当に知りたいのは現在うつ病にかかっている人の症状や、うつ病回復までたどり着いた人の生の声を聞きたかったのですが、なかなか見つけられませんでした。

 

そこで私と同じように「うつ病になった人の経験談・生の声」を探している人に向けて、私自身のうつ病のことを一つの事例として発信したいと思いこの記事を書きました。

今うつ病と闘っている人にぜひ読んでみてほしいです。

 

 

私のうつ病年表

以下は簡単な私のうつ病年表です。

年月出来事うつ病歴
2016年4月勤続5年目。人員が削減されるなど、業務環境が大きく変わる。
熊本地震が発生。悲惨な災害現場を目の当たりにする。
2016年4月
 ~
2016年8月
徐々に目に見えない何かが蓄積していき、不眠などの異変があらわれはじめる。
2016年10月とうとう体の異変が無視できないレベルに達して、診療内科に通院、治療をはじめる。うつ病 

闘病開始

2016年10月
 ~
2017年9月
投薬治療を受けながら1年間、ゴマカシなからであるが業務を続ける。
2017年10月

繁忙期。 薬を飲んでも、段々とゴマカシがきかなくなる。

1年1か月
2018年1月年末年始の休暇明け。まともに動けなくなり、年始から仕事を休職する。1年4か月
2018年3月休職3か月ののち、2018年度末で公務員を退職1年6か月
2018年4月
 ~
2018年8月
退職後、仕事も趣味も何もできずにひたすら休む。

体調の変化に合わせて、徐々に減薬をする。

2018年9月薬に頼らずに、さしあたっての日常生活をおこなえるようになる。

主治医の承認を得て、完全に断薬。とりあえずの通院・治療終了。

ただ、まだ体の好不調の波も激しく、仕事ができる状態ではない。

2年
2020年1月うつ病は寛解。今でもたまに症状が顔を出すこともあるが、症状と向き合いながらリスタート。3年3ヶ月
(寛解状態)

 

サイ
うつ病になってもう3年…あっという間だったなぁ

 

次は、より具体的にこの3年間を振り返ります。

 

 

どうしてうつ病になったのか?

私がうつ病になったのには、何か明確な1つの原因があったわけではありません。

私のうつ病の原因は端的に言うと、

「あらゆる問題が一度にやってきて、それらを乗り越えようと必死にがんばっている内に限界を超えてしまった」

という感じです。


 

私がうつ病になった2016年、以下のような変化がありました。

① 職場環境の変化

・班の人員が減らされる

・勤めて5年目、大規模なプロジェクトにも従事するようになる

・新しい上司との折り合いが悪かった

 

② 突発的な仕事の増加

・仕事に四苦八苦している中、熊本地震が発生。災害派遣に参加し、悲惨な状況を目の当たりにする

・年度当初には全く予定になかった緊急なプロジェクトが発生し、それを担当する

 

③ 家庭環境の変化

・家族が重い病気にかかる

 

これら一つ一つがバラバラに起きたなら、もっと余力があって何とか対応できたと思います。

しかし運の悪いことに、これらが同じ年に同時に起きたのです。

 

人員減ったのに相変わらず忙しい、それどころかさらに突発的な仕事も増える、災害も起きて現地派遣される、家族も病気にかかってしまった…

この時は、何かに憑かれているのかとも思いました。

 

そんな状況だったのですが、何とか打開しようと必死に働く中で、徐々に不眠などの症状に悩まされるようになりました。

しかし体調の異変を少しずつ感じていたものの、与えられた仕事をやり遂げたいので、懸命に頑張り続けました。

 

そんな状態が続いていたあるとき、私は仕事で一つの失敗をしてしまいます。

それまでずっと自分のできる範囲で、何とか踏ん張って仕事を続けていましたが、「失敗をした」「失敗で周りに迷惑をかけてしまった」と思い、それを強く自覚したときに頭の中で“パンッ”と何かが音を立てて弾けるような感覚を覚えました。

 

そしてそこから堰が崩れたかのように、体に異常が噴き出してきました。

(私のうつの症状にはまた別の記事でお話していますので、関心のある方はそちらも見てみてください。)

サムネイル:うつ病の症状
うつ病ってどんな症状が出るの?私が実際に経験した11コの症状をご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約6分です。 こんにちは、サイです。   私は、うつ状態になって体調を崩し始めたとき、「自分の症状がうつ病によるものなのか」を知りたくて何度もネットで調べたりし ...

続きを見る

 

 

サイ
あれ…?なんだか体がおかしい…

 

明確に自分に異常を感じたので「何とかしなきゃいけない」と思い、それから市内の精神科に電話をかけまくりました。

しかし、ここでさらに追い打ちをかけるできることが起きます。

 

サイ
もしもし、○○医院さんですか?

体調が悪いので、診察を受けたいのですが。

初診ですか?今は、すでに通院されている方のカウンセリングでいっぱいです。

初診の場合のご予約は、3か月後以降になりますがよろしいですか。

受付
サイ
…………いいえ、結構です(._.)

 

市内どこの精神科にかけても、似たような状態。

初診の場合は、数か月待たないといけないと言われました。

「というか市内に精神疾患を抱えた人が、病院の予約がとれないほどたくさんいるってどういうこと!?」と、絶望に近い衝撃を受けました。

 

サイ
仕事があるんだよ!!できれば今日にでも何とかしたいんだ!!!!!!

その後も必死になって病院を探し続けたのですが、幸いなことに市外の心療内科で、すぐに診察をしてくれるところが見つかり、カウンセリングを受けることができました。

 

そしてその時から、私のうつ病との長きにわたる闘いが幕を開けました。

 

 

もう限界…仕事を休職、退職

挿絵:暗闇

心療内科に通院・服薬をはじめたことで、うつ病の症状は緩和され、その時は仕事を休むことなく継続することができました。

 

ただ今考えると、実際は症状が緩和されたというよりも「薬で一時的にごまかせるようになった」というのが正しいですね。

1年間はごまかせましたが、段々と薬でもどうにもできなくなってきて、2018年1月、年末年始の休暇明け、とうとうベッドから起き上がることができなくなりました。

 

そこからは休職。

主治医からは「退職などの進退は、体調がある程度よくなってから考えなさい。」と言われましたが、1年うつ病に苦しんできた私は、その時点で退職するという意志を固めていました。

 

上司からもありがたいことに、「まずは休職して回復、その後リワークプログラムを受けて徐々に仕事ができる状態に戻したらどうか」と勧められました。

しかし、休んで職場に迷惑をかけ続けるなんて断固受け入れられないものだったので、早々に退職を願い出て、2018年度末に公務員を辞めました。

 

公務員という安定した職を手放すことになってしまいましたが、今もその判断に後悔は全くありません。

なお、退職に関しては下の記事でもう少し掘り下げています。

関心のある方は、ぜひそちらも読んでみてください。

サムネイル:うつ病で退職するのはあり?
うつ病で仕事を辞めても大丈夫?私がうつ病で公務員を退職した理由

この記事を読むのに必要な時間は約7分です。 こんにちは、サイです。   うつ病を患っている方の中には、今まさに仕事を辞めるべきかどうか悩んでいる人もおられると思います。   そこで ...

続きを見る

 

 

退職後 寛解 そして現在

退職後しばらくは本当に何もせず、毎日ただただベッドの上で休み続けていました。

そうすると徐々に身動きがとれたり、長く眠れたりする日が増えてきて、退職から半年経って通院、服薬をやめることができました。

 

実は通院・服薬をやめた後もかなり長い間、定期的に不眠や抑うつ状態に苦しむ日もあったのですが、通院を辞めてさらに1年以上経って、ようやく寛解と言える状態までたどり着きました。

 

現在も不眠などの症状が表れることがあるものの、その症状と付き合いながらリスタートをしています。

 

 

おわりに

うつ病を経験し、寛解した今強く思うのは、「二度とあの地獄の日々には戻りたくない」ということです。

それは毎日死を願うほどのものでした。

 

30年生きてきていますので他にもいろいろ病気やケガを経験してきていますが、うつ病ほどつらいものはありません。

二度と繰り返さないように、上手に自分自身と向き合っていきたいと思っています。

 

今回は以上です。

-うつ病
-

© 2021 サイブログ Powered by AFFINGER5