ブログ

ブログのパーマリンクとは?SEOのための最適な書き方は?

この記事を読むのに必要な時間は約6分です。

こんにちは、サイです。

 

[chat face="icon-rabbit.jpg" name="ウサギくん" align="left" border="gray" bg="none" style="maru"]パーマリンクってそもそも何?[/chat]

[chat face="icon-gorilla.jpg" name="ゴリラくん" align="left" border="gray" bg="none" style="maru"]パーマリンクは分かるけど、どう書けばSEO的にいいのか分からない。[/chat]

 

今回はそういった疑問・悩みを持つ人に向けて、「パーマリンク」についてお話します。

 

 

パーマリンクとは?

パーマリンクとは、WEBページ(ブログ記事)ごとに設定した固有のURLです。

例えばこの記事では、下記がURLでありパーマリンクです。

 

 

パーマリンクがSEOに与える影響

パーマリンクは、グーグルなどの検索エンジンがブログをチェックする際に確認される部分の一つです。

グーグルは公開しているガイドラインで、URL(=パーマリンク)について次のように説明しています。

シンプルな URL 構造を維持する

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。

論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

 

たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.phpid_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

 

URL では区切り記号を使うと効果的です。

http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。

URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

 

特に複数のパラメータを含む URL など、過度に複雑な URL は、サイト上の同じまたは同様のコンテンツを表す多数の URL を不必要に作成し、クロールの際に問題が生じることがあります。

その結果、Googlebot で必要以上に帯域幅を消費したり、サイトのすべてのコンテンツをインデックスに登録できないことがあります。

引用:Google Search Consoleヘルプーガイドライン

 

少しボリュームのある文章を引っ張ってきましたが要は、パーマリンクは

「シンプルで、簡潔な単語で、記事の内容が分かるURL」

にしなさい、ということです。

 

過度に複雑なURLなど、検索エンジンにとって適切でないURLを使うと、それが要因で検索上位に上がってこない恐れもあります。

 

以上のことから、「パーマリンクはSEOにおいて重要な要素の一つである」と言えます。

 

 

パーマリンクのSEOに適した書き方

「シンプルで、簡潔な単語で、記事の内容が分かるURL」を満たすパーマリンクは以下の2パターンが考えられます。

① カテゴリー+記事タイトル要約
http://example.com/カテゴリー名/記事タイトル要約

② 記事タイトル要約のみ
http://example.com/記事タイトル要約

 

ユーザーへの分かりやすさやSEOを考えると、①のようにカテゴリーも入れた方がより親切です。

実際に先ほど示したグーグルのガイドラインの中にも、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation とカテゴリーを含んだ事例が出てきます。

 

しかし、①には一つ問題があります。
それは、後からカテゴリー分けやカテゴリー名を変更しづらくなることです。

 

例えば記事が多くなってきて、カテゴリー分けをより細分化したいと思ったとき、記事のパーマリンクにカテゴリー名を入れておくとそれも修正しなければなくなる可能性があります。

 

作業的には、一つ一つの記事のパーマリンクを修正するのはとても面倒ですが、不可能ではありません。

けれどもパーマリンクを後から修正すると、他にも次のような問題があります。

関連するリンクも修正し直す必要がある
パーマリンクを修正するということは、URLを修正するということです。
その記事に対して、外部からのリンク、内部からのリンクがなされていた場合、修正するとつながらなくなるので、それらも全てやり直す必要があります。

SEOの評価がリセットされる
パーマリンクを修正するとSEOの評価がリセットされます。
また、ソーシャルカウント(SNSで記事がシェアされた数)などもリセットされるので、SEO面でのダメージはかなり大きいです。

 

パーマリンクは基本的に、記事公開後に修正することは望ましくありません。

 

以上から、絶対にカテゴリー名や振り分けを変更することはないと言う人は、「①カテゴリー+記事タイトル要約」でもいいですが、私は「②記事タイトル要約のみ」に設定することをオススメします。

 

 

パーマリンク(記事タイトル要約部分)の書き方

繰り返しますが、パーマリンクは「シンプルで、簡潔な単語で、記事の内容が分かるURL」を満たすものが望ましいです。

 

そのために以下の2つのポイントをおさえて、記事タイトル要約部分を書くとよいでしょう。

① 日本語ではなく英語で書く
② 半角小文字・英数字の英単語とハイフンで構成する

 

 

① 日本語ではなく英語で書く

日本語で書くとエンコード(データを別の形式に変換すること)されて、記号の羅列になり全く単語として認識されません。

日本語で書いてしまうと、記事の内容とまったく関係ないものになってしまうのです。

 

またエンコードされると、文字数も長くなってしまいます。

 

日本語ではなく、エンコードされない英語で書きましょう。

 

 

② 半角小文字・英数字の英単語とハイフンで構成する

例えばこの記事の、パーマリンク・記事タイトル要約部分は、「permalink-setting-blog」で、3つの英単語で構成しています。

 

この記事の場合は他にも、「How-to-settings-of-blog-permalink」なども考えられるでしょうか。

 

しかし、より英文化していくと接続詞などが増えて、長くなればなるほど一目で認識しづらくなるので、できるだけ簡単に半角小文字・英数字の英単語で表現できるようにしましょう。

また先に示したグーグルのガイドラインにもあったとおり、英単語同士の間はハイフン(-)で区切るようにしましょう。

 

パーマリンク まとめ

パーマリンクとは、WEBページ(ブログ記事)ごとに設定した固有のURLで、SEOにも影響する重要な要素の1つ

 

記事公開後に修正する必要がないように、必ず最初に設定しましょう

 

「シンプルで、簡潔な単語で、記事の内容が分かるURL」を満たすパーマリンク(①か②)にしましょう
①カテゴリー+記事タイトル要約
http://example.com/カテゴリー/記事タイトル要約
②記事タイトル要約のみ
http://example.com/記事タイトル要約
①が理想だけど、管理面を考えると②がおすすめ

 

記事タイトル要約は次のポイントを意識して書きましょう
① 日本語ではなく英語で書く
② 半角小文字・英数字の英単語とハイフンで構成する

 

なお、パーマリンクについてのワードプレスの設定については、次の記事をご覧ください。

 

今回は以上です。

-ブログ

© 2021 サイブログ Powered by AFFINGER5