FX

FXの定番ツール、メタトレーダーとは?

サムネイル:メタトレーダーとは?

この記事を読むのに必要な時間は約8分です。

こんにちは、サイです。

 

キツネくん
チャート分析にメタトレーダーがいいって聞いたんだけど、そもそもメタトレーダーって何?
ウサギくん
メタトレーダーって他のツールと何が違うの?
メタトレーダーは使いこなせれば強い味方になってくれる、世界中で多くのトレーダーが愛用する高性能トレードツールです。

他のトレードツールと比べて、多くの優れた点があります。

サイ

 

今回の記事では、メタトレーダーをまだよく知らない人これから使ってみたい人に向けて、

メタトレーダーとは?

メタトレーダーのメリット・デメリット

MT4とMT5の違い

MT4とMT5を入手する方法

この4つをお話します。

 

 

メタトレーダーとは?

メタトレーダーとは、ロシアのMeta Quotes社が開発したFXのトレードツールです。

 

無料で使えることや汎用性の高い機能をたくさん持っていることから、世界中のトレーダーから愛用されています。

 

なおメタトレーダーには、メタトレーダー4(MT4)とメタトレーダー5(MT5)の2種類があり、数字からもわかる通りMT5がMT4の後続ソフトとなっています。

 

 

メタトレーダーのメリット・デメリット

トレードツールは他にも、各証券会社が独自に開発・提供しているものなど様々あります。

しかし現状、多々あるトレードツールの中でメタトレーダーはダントツの人気で、ユーザー数は世界で200万人を超えていると言われています。

 

そんな世界中で愛用されているメタトレーダーには、次のようなメリットがあります。

メタトレーダーのメリット5つ

チャートの分析ツールが豊富

過去のチャートの検証ができる

自動売買システムも運用可能

為替以外のチャートもチェックできる

スマホでも使える

 

チャートの分析ツールが豊富

メタトレーダーは単にチャートを表示するだけでなく、よりチャートを読み解きやすくする分析ツール(インジケーターといいます)がデフォルトで多数、搭載されています。

 

またそれだけではなく、世界中の企業や個人が独自にプログラミングして作成したオリジナルのインジケーターも、ネットからダウンロードして使うことができます。

 

下の画像は、実際に私が分析する際のチャート画面です。

メタトレーダーの画面

このように好きなようにインジケーターを組み合わせて、自分好みのチャートをつくることができます。

 

 

過去のチャートの検証ができる

トレードの腕を磨く上で、過去チャートの分析は必要不可欠です。

メタトレーダーでは、現在動いている値動きを見るだけでなく、過去のチャートをダウンロードして検証することができます。

 

なお、他社のツールでも一定期間さかのぼることは可能です。

しかし、メタトレーダーではデータセンターから過去のデータをダウンロードできるので、他社よりもはるかに多い数年分のデータをチェックできます。

 

 

自動売買システムも運用可能

メタトレーダーは自動売買システムも使えます。

売買プログラムが標準搭載されているわけではありませんが、企業や個人がプログラミングしたものを読み込むことで、自動売買ができます。

 

 

株価指数など為替以外のチャートもチェックできる

金融市場は、為替だけでなく株、金、原油などの市場からも強い影響を受けます。

そのため、それらの値動きを把握しておくと、FXトレードの判断材料の一つになってくれます。

 

しかし証券会社が独自につくって提供しているFX用ツールでは、為替の値動きしかわからないというものがほとんどです。

 

一方でメタトレーダーを使えば、為替、株価指数、金、原油などの相場状況を一つのツールでまとめて確認することができます。

 

 

スマホでも使える

メタトレーダーはスマホアプリもリリースされています。

 

スマホアプリ版は、さすがにパソコン版ほどの異常な機能性はありません。

しかし、当然ですが画面のデザインや操作性に似通った部分があり、パソコンとスマホでまったく違う会社がつくったツールを使い分けるよりもストレスを感じずにすみます。

 

 

このように非常に優れた点の多いメタトレーダーですが、1つだけ大きなデメリットがあります。

メタトレーダーのデメリット

メタトレーダーのデメリットは、日本の多くの証券会社において、トレードツールとして対応していないことです。

 

トレードツールとして使える日本のFX証券会社が少ない

ここまでメタトレーダーをトレードツールとして紹介してきましたが、それは「証券会社がメタトレーダーをトレードツールとして採用している場合」の話です。

 

実は、日本の証券会社の多くはメタトレーダーを採用せず、機能性では劣るけれども逆に言えばシンプルで使いやすいトレードツールを独自に開発しています。

 

そのため私自身もそうですが日本の証券会社を利用する人の中には、トレードは証券会社のツールを使い、メタトレーダーはあくまで分析ツールとして使い分けている人が多くいます。

 

メタトレーダーは、様々なインジケーターが使えたりと分析面で大変優れています。

理想はメタトレーダーでそのままトレードできることですが、それができないのでトレードと分析でツールをやむを得ず分けています。

 

なお、日本国内でメタトレーダーに対応しているFX証券会社も少ないですが存在しており、以下の8社で対応してます。

メタトレーダーに対応している国内FX証券会社 8社

OANDA Japan

ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF)

ゲインキャピタルジャパン

AVATRADE

EZインベスト証券

外為ファイネスト

楽天証券

YJFX!(※分析ツールとして。トレードは別ツール。)

 

名前の「ジャパン」からピンとくるかもしれませんが、半数は元々海外にあった会社が日本に進出して来てできたものです。

 

 

MT4とMT5の違い

最初に言った通り、メタトレーダーにはMT4MT5の2種類があり、MT5の方が後続・最新のソフトです。

ですがMT5リリース後にMT4が廃止されるということもなく、現状どちらも使える状態にあります。

 

「じゃあ、どっちを使った方がいいの?」と考えてしまいますよね。

正直なところどっちを使っても大丈夫なのですが、個人的には旧型であるMT4をおすすめします。

 

その理由は、MT4の方がカスタムインジケーターの種類が圧倒的に豊富だからです。

 

先に生まれたMT4用に様々なカスタムインジケーターがつくられてきましたが、その多くはMT5に互換性がありません。

これは、後続ソフトであるMT5が存在するにも関わらず、いまだにMT4が健在で多くのユーザーや企業がMT5に移行できない要因にもなっています。

 

なおMT5にももちろん、MT4より優れている点はあります。

そこで簡単ですが、それぞれの長所を下に整理しました。

MT4の長所

MT5よりも使えるカスタムインジケーターが豊富

  〃   使える自動売買システムが豊富

  〃   扱っているFX証券会社が多い

MT5の長所

MT4よりも動作スピードが速い

  〃   表示できる時間足が多い

  〃   アップデート頻度が多く、開発側はMT5により力を入れている

 

私のおすすめは先ほども言った通りMT4ですが、MT4もMT5も無料で使えるので、最初は両方ダウンロードして使い比べてみるのもいいと思います。

 

 

MT4・MT5を入手する方法

最後にメタトレーダーを入手する方法をご紹介します。

 

なお、ここでご紹介する方法は、パソコンで使用するツールの入手方法です。

スマホの場合は、Apple storeやGoogle Playで「メタトレーダー」を検索すればMT4・MT5ともに容易に手に入るので、ここでは省略します。

 

メタトレーダーを入手する方法は、次の2通りがあります。

1:開発元のメタクォーツ社のサイトからダウンロード【※MT5のみ

2:MT4・MT5を扱う証券会社で口座を開設(またはデモ口座開設)して入手

 

 

1:開発元のメタクォーツ社のサイトからダウンロード【※MT5のみ

開発元のメタクォーツ社からダウンロードする場合は、下のリンクボタンからアクセスしてください。

 

メタトレーダー公式サイト

 

なお下の画像のとおりトップページでは、MT4とMT5のどちらでも選んでダウンロードできるような見た目になっていますが、実際はMT5しかダウンロードできません…

MT4を選択しても、MT5のインストーラーがダウンロードされる仕様になっています笑

メタトレーダーサイトトップ画面

 

「そんなバカな…」と思うかもしれませんが、本当の話です。

信じられないと思う人は、1回ダウンロードしてみたらすぐにわかります。

 

なので現状、MT4を入手する方法は、次のとおりMT4を取り扱っている証券会社から入手するほかありません。

 

 

2:MT4・MT5を取り扱う証券会社で口座を開設(またはデモ口座開設)して入手

証券会社からMT4・MT5をダウンロードして使うには、FX用の取引口座を開設するか、デモトレード用の口座を開設する必要があります。

 

デモ登録して使うなら無料なのでどの証券会社を選んでもOKです。

もしも本口座を開設して使うなら、どこの証券会社がいいのかしっかり下調べをして選んでください。

 

MT4・MT5を取り扱う証券会社は、国内外に複数ありますので、それぞれメジャーどころのリンクをいくつか貼っておきます。

 

なお、メタクォーツ社がつくったソフトを各証券会社が扱っているというだけなので、どの証券会社からダウンロードしてもツール自体の中身はどれも同じです。

 

MT4を扱う証券会社(海外

XM

AXIORY

Gem Forex

Traders Trust

 

MT5を扱う証券会社(国内

OANDA Japan

AVATRADE

MT5を扱う証券会社(海外

Trade View

Titan FX

XM

 

 

おわりに

以上、今回はメタトレーダーの特徴や入手方法をお話しました。

 

メタトレーダーは非常に高性能なツールですが、だれでも無料で使えます。

ぜひ、気軽にダウンロードして試してみてください!

-FX
-

© 2021 サイブログ Powered by AFFINGER5